TOP > 試合結果

【K-1】無敵ゲーオがK-1世界トーナメントをも制す

2014/11/03(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ゲーオ・フェアテックスの動画
WPMF、RISE等の試合動画、テクニック動画を公開中!


▼第8試合 K-1 WORLD GP -65kg初代王座決定トーナメント 準決勝第1試合
○左右田泰臣(シルバーウルフ/前RISEスーパーライト級王者)
判定2-0 ※30-29、30-29、30-30
●HIROYA(TRY HARD GYM/K-1甲子園2008王者、初代Krush -65kg級王者)

 1R、プレッシャーをかけながら右ローを出す左右田に対し、HIROYAは右ローを主軸にパンチにつなげていく。2R、左ジャブからローのコンビネーションで速い攻めを見せるHIROYA。左右田は圧力を強めボディを当てる。

 3Rも前に出続ける左右田が距離を詰め、HIROYAは上下に散らしながら攻撃。左右田はボディフックからテンカオ、さらにパンチ連打を仕掛けて終了のゴング。判定2-0の僅差で左右田が決勝戦に進出した。

この大会の写真(全2461枚)はこちら

 


▼第5試合 K-1 WORLD GP -65kg初代王座決定トーナメント一回戦第4試合
○久保優太(Fighting Kairos/K-1 WORLD MAX 2011 -63kg日本王者、初代Krush -67kg級王者、GLORY -65kg SLAM王者、ISKA世界ライト・ウェルター級王者、WPMO世界スーパーフェザー級王者)
判定3-0 ※30-29、30-28、30-28
●ラズ・セルキシアン(アルメニア/TOP TEAM BEVERWIJK)
※久保が準決勝に進出

 1R、サウスポーの久保は右ジャブと左ミドルでじわじわとセルキシアンを追い詰めていく。バックキック、三日月蹴りも繰り出す。

 2R、久保が左ミドルから、前へ出ようとしたセルキシアンに左ハイ。チャンスと見た久保はパンチで攻め、左ミドルと三日月蹴り、ワンツーからのヒザ蹴りを突き刺す。

 3R、久保は距離を詰めてジャブから左ミドル、左ストレート。セルキシアンはインローを数発蹴るのみでほとんど手を出せない。久保がフルラウンド圧力をかけてセルキシアンを下がらせ、判定で完勝した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ゲーオ・フェアテックスの動画
WPMF、RISE等の試合動画、テクニック動画を公開中!

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果