TOP > 試合結果

【ビッグバン】MA王者・大野が出貝破り二階級制覇

2014/12/07(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。


 

▲岡田(右)がダウンを奪うなど元王者の実力を見せ付けた

▼第13試合 スーパーバンタム級 ビッグバンキックルール 3分3R延長1R
○岡田有晃(谷山ジム/前Bigbangスーパーバンタム級王者)
判定3-0 ※30-28、30-27、30-28
●金子貴幸(GANGA-GYM/NJKFスーパーバンタム級2位)

 初代Bigbangスーパーバンタム級王者の岡田が、NJKFの同級ランカー・金子を迎え撃つ形となった一戦。

 168㎝の岡田に対し175㎝と身長で上回る金子はプレッシャーを掛けていくが、2R、ロープを背負った岡田が左フックを2発当てて流れを手元に引き寄せ、続けてやはり左フックのヒットでダウンを奪取する。

 後のない金子は3Rに飛びヒザを繰り出すなどして追い上げるが、ここも岡田の左フックをもらってしまい及ばず、岡田が元王者の強さを見せ3-0の判定で金子を退けた。


▲山際(右)がミドルキックを駆使して勝利した

▼第12試合 Bigbangウェルター級王座決定トーナメント ビッグバンルール 3分3R延長1R
○山際和希(谷山ジム/J-NETWORKウェルター級4位)
判定2-0 ※30-30、30-29、29-28
●浅瀬石真司(東京町田金子ジム/NJKFウェルター級4位)

 NJKF4位の浅瀬石とJ-NETWORK4位の山際によるBigbangウェルター級王座決定トーナメント準決勝は、2Rから左右のミドルを度々ヒットさせた山際が、3Rにもやはりミドル、そして浅瀬石が前に来るとヒザも繰り出し、主導権を握って判定で勝利した。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果