TOP > 試合結果

【LOK】新大会メインで牧野が初代王者に

2015/04/29(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

▲レック(左)の左ヒジが何度も緒方に決まる

▼第7試合 65kg契約 LOKルール 3分3R

○レック・エイワスポーツ(タイ/エイワスポーツジム/タイ国北部ムエタイウェルター級王者)
KO 2R2分1秒
●緒方 惇(チーム緒方)

 緒方はアマチュアボクシングで国体準優勝の実績を持ち、主にKrushで活躍。対するレックは雪丸、阿部雅俊、高修満、田中秀弥といった国内トップクラスを次々と撃破している日本人キラー。

 1R、両者ともサウスポー。緒方のパンチに対し、レックは左右のヒジを連打。クリンチ状態から右ヒジをヒットさせる。

 レックは左ハイ、左ストレートもヒットさせて余裕の表情。レックの攻撃が一方的に続き、緒方はダウンを宣告される。

 2R、レックが左右ミドル、ヒジ、ヒザで一方的に攻め、最後はロープに詰めての左ヒジ。緒方は座り込んだまま立てず、レックのKO勝ちとなった。


 

▲中尾(左)が接戦を制した

▼第5試合 65kg契約 LOKルール 3分3R

○中尾 満(エイワスポーツジム/元日本ライト級暫定王者)
判定3-0 ※30-29、29-28、30-28
●ジョージ(club EDO)

 2Rにジョージがパンチに前に出るとサウスポーの中尾はかわしながら左のパンチ、ヒジを返す。さらに左ミドル。しかし、ジョージはパンチの連打で中尾をロープ際に追い詰め、両者足を止めての打ち合いに。

 3Rもパンチの打ち合い、ミドルの蹴り合いとなり、再びジョージが連打で中尾をロープ際へ追い詰める。中尾は左ミドルで応戦し、残り10秒で両者は足を止めてガムシャラに打ち合った。

 打ち合いの中での的確さで中尾がやや優り、判定勝ちした。


 

▲紅絹(左)が主導権を握って判定勝ち

▼第4試合 女子ミニフライ級 LOKルール 2分3R

○紅絹(NEXT LEVEL渋谷/J-GIRLSミニフライ級王者)
判定3-0 ※29-28、30-29、30-29
●パク・ヘヨン(韓国)

 サウスポーの紅絹に対してヘヨンは右ストレートを伸ばし、時折バックスピンキックを放つ。離れて戦おうとするヘヨンに紅絹は距離を詰めていき、3Rには前蹴りとヒザ蹴りでヘヨンを下がらせて判定勝ち。


 

▼第3試合 スーパーウェルター級 LOKルール 3分3R
○左 禅丸(アカデミア・アーザ)
判定3-0 ※30-28、30-28、30-29
●三縄良太(超人クラブ)

▼第2試合 56kg契約 LOKルール 3分3R
○将軍(チーム侍)
判定3-0 ※三者とも30-27
●磯祐一郎(エイワスポーツジム)

▼第1試合 ライト級 LOKルール 3分3R
○MASATO(3POUND)
判定3-0 ※三者とも30-28
●寺内芳彦(CRAZY ARMAMENT)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果