TOP > 試合結果

【ボクシング】19歳・田中恒成が国内最速5戦目で世界王者に輝く

2015/05/30(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

「WBO世界ミニマム級王座決定戦」
2015年5月30日(土)愛知・パークアリーナ小牧

田中恒成(左)の右ボディストレートがクリーンヒット

▼WBO世界ミニマム級王座決定戦
田中恒成(畑中/WBO世界同級2位)
判定3-0 ※115-113、117-111、117-111
●フリアン・イエドラス(メキシコ/WBO世界同級1位)
※田中が新王者に輝く 

 19歳の田中が国内最速プロ5戦目にして世界タイトル戦に挑んだ。

 序盤からプレッシャーを強めるイエドラスに対し、田中は素早いフットワークで攻撃を交わしパンチを当てていく。1Rに右アッパー、2Rに右ストレートを顔面にクリーンヒットさせぐらつかせる。3R、イエドラスが圧力をかけてワンツー、田中は前に出てきたタイミングを狙って左ボディをヒットさせる。続けて田中がラッシュを仕掛けようとするも、イエドラスは逃げ切る。

 4R、イエドラスの手数が上がり、田中は動きが止まるも下がりながらジャブ、カウンターの左フックを当てる。

 6R、イエドラスのフックで田中は手数が減るものの、7Rにはリズムを取り返す。9R以降は、距離を取る田中は細かい連打をヒットさせ、疲れを見せるイエドラスは手数が減ってしまう。

 勝敗は判定決着となり、115-113、117-111、117-111の判定3-0で田中が勝利。井上尚弥が6戦目で獲得した日本記録を塗り替え、世界王者に輝いた。

 

この大会の写真(全130枚)はこちら

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果

イベント日程
2015年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック