TOP > 試合結果

【J-NETWORK】若山龍嗣、接戦制し王座返り咲き

2015/06/21(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

J-NETWORK
「J-FIGHT&J-GIRLS 2015 3rd」
2015年6月21日(日)東京・新宿FACE

▲強烈な右ローを繰り出す若山龍嗣(左)が王座に返り咲き

▼第8試合 メインイベント J-NETWORKスーパーフライ級王座決定戦 3分5R延長1R
若山龍嗣(DRAGON GYM/PK-1スーパーフライ級王者、DBSスーパーフライ級王者、元J-NETWORKスーパーフライ級王者、J-NETWORKスーパーフライ級1位)
判定2-1 ※49-48、50-49、48-49
●鳩(あつむ/TSKjapan/J-NETWORKスーパーフライ級6位)
※若山が新王者に

 若山は昨年6月大会で優希にJ-NET王座を奪い返されるも、その後は本場タイでPK-1王座を獲得し、ホームであるドラゴンボクシングスタジアム(DBS)の王座も防衛を果たしている。優希の王座返上により再びベルトを取り戻すチャンスが巡ってきた。対する鳩は僅かプロ6戦目で王座戦に大抜擢。これまでの4勝のうち3つがKO決着している。

 1R、インローを蹴る鳩に対し若山は強烈な右ロー、鳩は蹴り足をキャッチしてこかす。若山は大振りの右フック、左ボディーから右ローへ繋ぎ、鳩も右ローを返す。

 2R、右ロー、右フックを繰り出す若山に対し、鳩は左フックのカウンターと、1Rに続きスピーディーな展開。

 3R、若山が右ロー、鳩はカウンターでヒジを狙い、パンチからテンカオに繋げる。若山も右フックから入りパンチ連打に繋ぐ。

 4R、両者のパンチが同時に当たる激しい展開が続く。鳩はバックブロー、左縦ヒジを狙い、若山はパンチからローを返していく。鳩はバックスピンキックや回転ヒジなどを積極的に出していく。

 5R、右フックからパンチ連打に繋げる若山に対し、鳩もカウンターを合わせ打ち合いに応じ右ハイなども繰り出す。激しい攻防が続く中、敢え無く終了のゴング。結果は割れ、2-1の僅差の判定で若山がベルトをその腰に取り戻した。


 

▼第7試合 セミファイナル J-NETWORKウェルター級次期挑戦者決定戦 サバイバルマッチ1
栄基(APKF・エムトーンジム/APKFウェルター級王者、元NKBウェルター級王者、J-NETWORKウェルター級6位)
判定3-0 ※29-28、30-28、30-28
●CAZ JANJIRA(JANJIRA GYM/J-NETWORKウェルター級3位)
栄基がタイトル挑戦権を獲得

 栄基は先月のJ-KICKにてJ-NET初参戦。DEEP☆KICKトップランカーの藤阪弘樹に圧巻の流血TKO勝利をおさめたばかり。対するCAZは今年1月のJ-KICKで一階級上の王者・森本一陽と引き分けた経緯を持ち、悲願のベルト戴冠に繋げたいところだ。王者・大竹将人に挑戦するのは!?

 1R、変則的な動きからインロー、右ハイからストレートに繋げるCAZ。栄基はどっしりと構え距離を取りながら右ミドル、組んではヒジを狙いこかしていく。

 2R、首相撲の展開になると栄基のペース。ヒジ、ヒザをバランスよく出しCAZをこかしていく。CAZは左ミドルからパンチに繋げるが栄基にかわされる。

 3R、ミドルからストレートに繋げるCAZに対し、栄基は右ロー、右ミドルを的確に当て、首相撲でも優勢。終始危なげなく試合を進めた栄基がフルマークの判定勝利、タイトルマッチに駒を進めた。


 

▼第6試合 J-NETWORKバンタム級次期王座挑戦者決定トーナメント一回戦 サバイバルマッチ1
竹内将生(エイワスポーツジム/WPMF日本バンタム級王者、J-NETWORK同級1位)
判定2-1 ※30-29、30-29、29-30
●小野剛史(S.F.K/J-NETWORKバンタム級7位)
※竹内が決勝戦に進出

 早い出入りをする小野に対し、右ミドル、右ローを返す竹内。小野はバックブロー、首相撲では竹内を投げ飛ばし、竹内は距離を取って蹴り主体で攻め立てる。両者がリング外に落ちる程の激しい攻防戦となったが、結果2-1の僅差で竹内が勝利した。


 

▼第5試合 J-NETWORKバンタム級次期王座挑戦者決定トーナメント一回戦 サバイバルマッチ1
○生川龍星(魁塾/J-NETWORK2014スーパーフライ級新人王、J-NETWORK同級9位) 
判定2-1 ※28-29、29-28、29-28 
●キム・ギフン(韓国/STRUGGLE)
※生川が決勝戦に進出

 左ミドルを蹴るサウスポーのキムに対し、左右ローを返す生川。プレッシャーをかけ前に出るキムに生川はパンチのカウンターを合わせる。2R、二度目のローブローで減点1が与えられたキムはポイントを取り戻すべく、首相撲を仕掛けるなど積極的に攻めにいったが敢え無くゴング。判定2-1で生川が決勝進出を果たした。


 

▼第4試合 J-GIRLSバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント一回戦 サバイバルマッチ1
○CruSher松川敬子(村澤道場/J-GIRLSバンタム級2位)
判定3-0 ※29-28、30-28、30-27 
●加藤みどり(エイワスポーツジム)
※松川が、抽選により決勝戦に進出

 1R、重心を落としパンチで前に出る松川に対し、加藤は前蹴りとミドルで応戦。2Rに入り松川の右のパンチがクリーンヒット。だが両者掴んでの攻撃でイエローカード、その後加藤が組んでヒザを出し減点1が与えられる。加藤はパンチからミドル、テンカオへ繋げ果敢に攻撃を仕掛けるも、松川もパンチで応戦し一歩も引かず。判定0-3で松川が勝利した。

 試合終了後、準決勝戦に繰り上がりの瑠璃と、5月の同トーナメント一回戦に勝ち上がった法 DATEの代理(華麗 DATE)がリングイン。決勝戦シード抽選会を行い、瑠璃と法 DATEが準決勝にて対戦、その勝者と松川が決勝戦を争うことが決まった。


 

▼J-GIRLSミニフライ級次期王者挑戦者決定トーナメント一回戦 サバイバルマッチ1
○キラッ☆Yuuki(魁塾)
判定3-0 ※29-28、30-28、30-28
●MARI(NJKF・ナックルズGYM/J-GIRLSピン級4位)
※キラッが決勝戦に進出

 序盤からプレッシャーをかけパンチからミドルを繰りだすYuukiに対し、MARIは前蹴りで距離を取りながらYuukiが入ってきたところにパンチを合わせる。だが徐々に手数を増やし前に出るYuukiに対しMARIはスタミナ切れか失速し、フルマークの判定勝利でYuukiが勝利。

 5月の同トーナメント一回戦を勝ち上がった山口友花里と後日決勝戦を行う。


 

▼第2試合 フェザー級 3分3R
○KEN(APKF・エムトーンジム)
不戦勝 ※ゼロがケガのために欠場
●ゼロ(KIBAマーシャルアーツ)

▼第1試合 70kg契約 3分3R
○堀野大次郎(レグルス池袋)
KO 2R2分49秒         
●岩田俊輔(トイカツ道場)※デビュー戦

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

の続きを読む

【関連リンク】

TOP > 試合結果

イベント日程
2015年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック