TOP > 試合結果

【BOM】引藤、WPMF世界ランキング査定試合で惜敗

2015/07/19(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

BOMプロモーション
「WPMF JAPAN The Battle of Muaythai IX」
2015年7月19日(日)神奈川・横浜大さん橋ホール

▲引藤(左)に右ハイキックを見舞うラッチャヨーティン(右)

▼第10試合 ダブルメインイベント2 WPMF世界ランキング査定試合 3分5R
○ラッチャヨーティン・センモラコット(タイ/センモラコットJAPAN)
判定3‐0 ※50‐48、49‐48、49‐48
●引藤伸哉(ONE’s GOAL/WPMF日本ウェルター級王者)

 昨年12月にWPMF日本ウェルター級王者になった引藤が世界ランキング査定試合に登場。対戦相手はタイの名門センモラコットジムの日本支部でトレーナーを務め、選手としても150戦以上の戦績を持つというラッチャヨーティンだ。

 1R、お互いに距離を測ってミドルとローを蹴り合う静かな立ち上がり。2Rにサウスポーの引藤が左ストレートを当て、コツコツと奥足ローを蹴る。

 3R、ラッチャヨーティンがプレッシャーをかけて右ミドルと左フック。4Rもラッチャヨーティンが前に出続けて引藤を攻め込む。

 5Rに入るとラッチャヨーティンが徹底的に引藤を首相撲に捕えて試合終了。ラッチャヨーティンが判定勝利し、引藤は世界ランキング査定試合に敗れる形に終わった。


 

▼第9試合 ダブルメインイベント1 WPMFスーパーバンタム級契約 3分5R
○バンフース・ハンター(尚武会)
判定3‐0 ※三者とも49‐48
●竹内将生(エイワスポーツ/WPMF日本バンタム級王者)

 今年4月にWPMF日本バンタム級のベルトを巻き、6月にはJ-NETWORKバンタム級挑戦者決定トーナメントを制している竹内。

 対するハンターは今年4月に日本人無敗のトラ・ウォーワンチャイに勝利し、ルンピニーやラジャダムナンのリングに上がったことがあるアメリカ出身のムエタイ戦士だ。

 1Rはほとんどコンタクトがないまま終了。2Rはハンターが前蹴りで竹内を突き放す。3Rもハンターがパンチで飛び込む竹内を前蹴りで突き放す。しかし4Rに竹内が右フックを当てて、一気にハンターを攻め込む。

 5Rも竹内がパンチで突進するが、ハンターは首相撲で追撃を阻止。終盤の竹内の追い上げを振り切ったハンターが判定勝利した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果