TOP > 試合結果

【蹴拳】松田玲奈、ムエタイとの初対決でKO勝利

2015/07/22(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

蹴拳プロモーション
「蹴拳26」
2015年7月22日(水)東京・後楽園ホール

▲強烈な右ストレートでKO勝ちした松田玲奈(右)

▼第11試合 蹴拳インプレッションルール 50kg契約 3分3R
松田玲奈(y-park/初代蹴拳女子フライ級王者、J-GIRLSフライ級王者)
KO 2R 31秒 ※右ストレート
●マリサレック・ペッノンセン(タイ/元イサン・フライ級王者)

 蹴拳初の後楽園大会の最終試合を飾るのは、現在5連勝中の松田。17戦目にして今回が初のタイ人選手との試合となった。対戦相手のマリサレックは元イサン・フライ級王者の肩書きを持ち、戦績は65戦49勝10敗6分。

 1R序盤から松田は左右ボディの乱れ打ち、左ミドルでマリサレックのボディへの集中攻撃。

 マリサレックは左ハイを返す場面もあったが、松田の攻撃の前に防御するのに精一杯となる。松田の右ロー、右ハイ、バックスピンキックがモロにクリーンヒットしたが、マリサレックは何とかこのラウンドは耐えた。

 2Rすぐに松田がラッシュを仕掛け、右ストレートでダウンを奪う。再開後も松田は強烈な右ストレートをお見舞い。マリサレックが大の字に倒れたところで試合は終了した。

・【試合動画】松田玲奈vsチョン・スルギ
・【動画】松田玲奈の3分1Rミット打ちパフォーマンス 
・【試合動画】松田玲奈vsジェット・イズミ

この大会の写真(全704枚)はこちら

 

▲左アッパーでダウンを奪ったTOMOYUKI(右)

▼第10試合 蹴拳ムエタイ 70kg契約 3分3R延長1R
TOMOYUKI(センチャイムエタイジム/初代MuayThaiOpenスーパーウェルター級王者、ラジャダムナンスタジアム認定ジュニアミドル級7位)
KO 2R 1分42秒 ※左ヒザ蹴り
●セイサック・エスジム(タイ)

 今年1月の中国遠征試合で敗れて以降、3連勝のTOMOYUKI。67戦45勝16敗6分の戦績を持つセイサックは、日本で数戦経験し福田裕介、秀雄らを破っている。

 1R、右ロー、ミドルで距離を取るセイサックに対し、TOMOYUKIは強引に距離を詰めてパンチを振るう。

 2R、ロープ際にセイサックを追い込んだTOMOYUKIは強烈な左アッパーでダウンを奪う。立ち上がったセイサックが反撃に出ると、TOMOYUKIは左のヒザ蹴りを突き刺しKO勝ちした。

・【試合動画】TOMOYUKIvsディーセルレック・ペットジンダー
・【試合動画】TOMOYUKIvsKEN
・【試合動画】TOMOYUKIvsアーサー雅仁
・【試合動画】TOMOYUKIvsサッシス・ゴンザレス 

この大会の写真(全704枚)はこちら

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果