TOP > 試合結果

【J-NETWORK】一戸が王者対決で逆転TKO勝ち、次はWBCムエタイ王座狙う

2015/10/10(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

今年5月に新人王になったばかりの横山(右)が豪快KO勝ち

▼第6試合 スーパーフェザー級 3分3R ※ヒジあり
○横山 巧(リーブルロア/J-NETWORKスーパーフェザー級10位)
KO 1R 1分21秒 ※右フック
●渡部CH耕太(T’s Kickboxing Gym)

 J-NETWORK 2015年スーパーフェザー級新人王トーナメントで優勝した横山。1R、右フックでダウンを奪うと、続いてバックハンドブローで2度目のダウンを奪う。最後はまたも右フックを炸裂させ、1Rで圧勝KO。「世界一を狙って行きます」と横山はマイクアピールした。 


 

▼第5試合 65kg契約 3分3R
○洸武(HIDE GYM)
KO 1R 1分44秒 ※左フック
●三島流平(佛生舘)

▼第4試合 51.5kg契約 3分3R
○狼☆(A☆R KICK!)※栗原正成より改名
判定3-0 ※29-28、30-28、30-28
●遠山翔太(MONSTAR GYM)

▼第3試合 スーパーライト級 3分3R
△志賀平八郎(STB JAPAN)
ドロー 判定1-1 ※29-28、29-30、29-29
△山口充昭(芦原会館千葉大宮支部)

▼第2試合 71kg契約 3分3R
○松島勲也(まつしま・いざや/MSJ/KOSスーパーウエルター級1位)
KO 1R 2分52秒 ※右三日月蹴り
●侍 大樹(侍道場)

▼第1試合 J-GIRLS 44kg契約 2分3R
○宝☆友佳里(A☆R KICK!)
判定3-0 ※29-28、29-27、30-27
●井之上弥生(橋本プレボ)

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果