TOP > 試合結果

【Krush】ダウン奪ったピケオーが新王者に、王座海外流出

2016/04/10(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

何度も中島(右)を襲ったピケオー(左)のハイキック。ガードの上からでも破壊力がある

グッドルーザー
「Krush.65」
2016年4月10日(日)東京・後楽園ホール

▼第9試合 メインイベント Krush -70kgタイトルマッチ 3分3R延長1R
○ジョーダン・ピケオー(オランダ/Mike’s Gym/挑戦者)
判定3-0 ※30-28、30-26、30-26
中島弘貴(バンゲリングベイ・スピリット/Krush -70kg王者)
※ピケオーが第4代王座に就く。中島は2度目の防衛に失敗。

 中島は昨年4月、トーナメントを制して30戦目でプロ初のチャンピオンベルトを獲得。昨年10月には初防衛に成功している。

 挑戦者のピケオーは、かつてK-1で活躍した佐藤嘉洋を2度もKOしており、昨年開催されたK-1 WORLD GP -70kg初代王座決定トーナメントでは渡部太基、サニー・ダルベックに連続KO勝ちして準優勝。中島は文字通り最強の挑戦者を迎え撃つことになった。

 1R、中島が強烈な右ストレートと左ミドルをヒットさせるも、全体的にピケオーの圧力と攻撃のパワーに押され気味。ラウンド終了間際、顔面前蹴りで中島がグラついたところにピケオーが右ストレートを見舞ってダウンを奪う。

 2R、両者ともにハイキックを狙う展開で相打ちも見られる。中島は鋭いヒザ蹴りをボディへ突き刺すが、ガードの上からでも効きそうなピケオーの攻撃をもらい続ける。

 3Rは中島が積極的に攻め、パンチ&ロー、さらに飛びヒザ蹴りを放つ。ピケオーのヒザ蹴りには右フックのカウンター。しかし、ピケオーも執拗なボディ攻めとハイキックで中島の動きを止めにいく。

 最後まで逆転を狙って攻めの姿勢を見せた中島だったが、ピケオーも一歩も退かずその場で打ち合い、試合終了のゴング。ジャッジ2名が4ポイント差をつける大差でピケオーが新王座に就いた。

「Krushは自分を最初に日本に呼んでくれて、日本で試合が出来るきっかけになったので、そのベルトを巻けて嬉しい」とピケオー。

「自分にプレッシャーを与えすぎて、1日眠れない日もあった」とかなり今回の試合に懸けていたようだ。「理想は5~10年はKrushのチャンピオンであり続けたい」と“Krush愛”を口にした。


逆転のダウンを奪ったKANA(右)の左ハイキック

▼第8試合 セミファイナル 第2代Krush女子王座決定戦 -50kg契約 3分3R延長1R
KANA(K-1ジム・シルバーウルフ)
判定3-0 ※29-28、29-28、29-27
紅絹(NEXT LAVEL渋谷/元J-GIRLSミニフライ級王者)
KANAが第2代王座に就く。

試合前、伝説のキック女王・熊谷直子から両選手に花束が贈られた

 デビュー以来3勝3KO無敗の快進撃を続けるKANAが、わずか4戦目にしてタイトルマッチに抜擢された。過去3戦はいずれもパンチで倒しており、女子離れしたパンチ力で注目を浴びている。

 対する紅絹はKrush初参戦だが、2012年11月にJ-GIRLSミニフライ級王座を獲得し、初防衛にも成功。そのほか、WPMF世界・日本王座、RISE QUEEN王座など数々のタイトルマッチを経験。2015年8月のシュートボクシング「Girls S-cup 48kg日本トーナメント」では準優勝を果たしている、今回が45戦目の大ベテラン選手。

 1R、両者ローからパンチを狙う。紅絹はボディワークで鮮やかにKANAのパンチをかわし、フットワークで大きく回り込む。KANAが距離を詰めると右フックをヒットさせる紅絹。

 2R、打ち合いになると一発当ててはKANAの反撃をかわし、すぐにパンチを打ちに行く紅絹。ボディブローも入る。KANAのパンチも被弾するが、紅絹の細かく当てるパンチが目立った。

 しかし3RになるとKANAが顔面前蹴り、左右フック、ボディへの前蹴りをヒットさせて前へ出る。左右ハイを何度も放ち、ぎりぎりのところでブロックしていた紅絹だったが、パンチが雑になったところでKANAの左ハイをまともに喰らってダウン。

 逆転を狙って打ち合いにいく紅絹にKANAもパンチで応え、場内盛り上がる中、試合終了のゴング。

 ダウンを奪ったKANAが判定勝ち。手を上げられるとKANAは涙を流した。

 そしてマイクを持つと「紅絹選手はめちゃくちゃ強かったです。皆さんの応援のおかげで勝つことが出来ました。これからもっと強くなります。そして女子の格闘技はこれから自分が引っ張っていきます」とアピールした。

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果

イベント日程
2016年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック