TOP > 試合結果

【J-NETWORK】木村秀和が初回KOで決着戦制す、初防衛に成功

2016/05/05(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

サウスポーの内堀(左)は左ミドル中心の攻めでNJKFランカーの智也(右)を破った

▼第8試合 ライト級 3分3R
内堀裕斗(UNDER GROUND/J-NETWORKライト級10位)
判定3-0 ※30-27、30-27、30-26
●智也(NJKF・VERTEX/NJKF日本ライト級5位)

 1R、サウスポーの内堀は左ミドルと左ストレート中心の攻め。智也に足を引っ掛けてバランスを崩したところへ左フックを打ってダウンを奪う。

 2Rは左右フックとヒジで逆転を狙う智也だが、内堀のコンパクトなパンチが優る。3Rもサウスポーの利点を生かした内堀が、ヒジで追いすがる智也を振り切って判定勝ち。


パンチの吉田(右)に雅(左)は蹴りで対抗して勝利

▼第7試合 ライト級 3分3R ※ヒジあり
○雅 駿介(PHOENIX/2014年学生キックライト級王者)
判定2-0 ※30-29、29-29、30-29
●吉田優太(グレイシーバッハ東京/J-NETWORKスーパーフェザー級5位)

 1Rは吉田のフックで目の上をカットされた雅だが、2Rには左ハイで大きくグラつかせる。3Rには吉田が巧みにパンチを当てては離れるを繰り返すが、雅もヒザ蹴りを合わせるなど蹴りで応戦。判定2-0で雅の勝利となった。 

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果