TOP > 試合結果

【ビッグバン】王者・谷山が初防衛、K-1参戦を直訴

2016/06/05(日)UP

 

谷山(右)がTKO勝ちで初防衛に成功

ビッグバンプロモーション
「Bigbang・統一への道 其の25」
2016年6月5日(日)東京・ディファ有明

▼第15試合 メインイベント第2試合 WBKF世界スーパーライト級タイトルマッチ ビッグバンルール 3分3R 
谷山俊樹(谷山ジム/WKA世界スーパーライト級王者、WBKF世界スーパーライト級王者)
TKO 3R 1分50秒
●レ・ペンホン(中国/長沙ムエタイジム/WBKF 63kg級中国王者)
※谷山が初防衛に成功。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

 今年2月にフィリピンムエタイライト級王者ボルシオ(フィリピン)を下し、WKA世界スーパーライト級王座に就いた谷山。今回は2014年9月に獲得したWBKF世界スーパーライト級タイトルの初防衛戦に挑む。昨年6月にBigbangスーパーライト級タイトルの初防衛に失敗しており、今回は初防衛を成功させたいところ。

 対するペンホンはWBKF 63kg級の中国王者。現在18歳で20戦17勝(4KO)3敗の戦績を持つ。立見席も含めて全席完売という今大会のメインイベントで行われた。

 1R、蹴りで攻撃を組み立てる谷山が強烈な右ローを打ち込む。ペンホンが右ストレートで応戦するが、空いたボディに谷山の左ミドルがヒットする。


 2R、谷山が左ジャブから右ストレートと右フックを小気味よく打ち込む。徐々に顔面にパンチを受け始めたペンホンが息を切らす。終盤、再び谷山の右フックがペンホンの顔面にヒット。ペンホンにダメージがあると見るや否や、谷山はパンチの連打でたたみ掛けるが、ここで2R終了のゴング。

 3R、蹴りとパンチのコンビ―ネーションで攻勢に出る谷山。対するペンホンも意地を見せようとパンチで応戦。しかし、谷山の放った強烈な右ハイがペンホンの顔面にクリーンヒット。仰向けにダウンしたペンホンは何とか立ち上がる。試合再開となり、谷山はコーナーにペンホンを追いつめパンチの猛攻。ペンホンがサンドバック状態となったところで、レフェリーが試合を止めた。

 谷山が初防衛に成功。

 TKO勝ちで初防衛に成功した谷山は、試合後のインタビューで「前回2月にWKAの世界チャンピオンとなって、今回はWBKFの防衛に成功しました。僕自身、獲るべきベルトは日本の団体にあと一つだと思っています。いいタイミングでK-1お願いします」と、来場していた前田憲作・K-1プロデューサーに呼び掛けた。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

●編集部オススメ
・谷山、フィリピン王者からKO勝利で世界二冠王に
・谷山俊樹、木村ミノル戦も視野に
・【動画】”WKA世界スーパーライト級王座決定戦”谷山vsボルシオ
・【動画】”WBKF王座決定戦” 谷山vsドンポン
・【インタビュー】谷山ジムの御曹司から脱却、ビッグバンの主役を目指す


▼第14試合 メインイベント第1試合 Bigbangウェルター級タイトルマッチ ビッグバンルール 3分3R

○山際和希(谷山ジム/Bigbangウェルター級王者)
KO 3R 3分00秒 ※右ストレート
モハン・ドラゴン(ネパール/士魂村上塾/元MA日本スーパーライト級王者)
※山際が初防衛に成功。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

 昨年9月から7連勝中と好調の王者・山際。挑戦者は、開始ゴングと同時に相手を攻め立てるアグレッシブなファイトスタイルを持ち味とするモハン。

 山際は昨年6月に元J-NETWORKウェルター級王者・笹谷淳を下し、Bigbang王座に就いた。対するモハンは2014年4月にMA日本スーパーライト級王座から陥落、さらに昨年2月に同ウェルター級タイトルマッチにも敗れ、王座から遠のいている。

 1R、ネパールの国旗を掲げた応援団の声援と太鼓の音を背に、モハンが積極的に前に出る。スイッチを繰り返しながら独特なタイミングでパンチを繰り出すモハン。対する山際はモハンのパンチに合わせ、冷静に左右のミドルと前蹴りで応戦する。

 2R、山際のミドルを受けたモハンの腹が徐々に赤く腫れ上がる。ダメージがあるのか、時折苦しそうな表情を見せるモハン。前に出ようとするが、終盤には山際の右ハイが頭をかすめる危ない場面も。

この試合の速報動画では決めた右ストレートのKOシーンを2方向からスローでリプレイ

 3R、モハンが唸り声を上げながら猛然と突進。大振りの左右フックを振り回すモハンの姿に会場が沸く。しかし、山際は距離を取り、モハンにミドルを叩き込む。そして終了間際、ロープ際で山際が至近距離から放った右ハイキックからの右ストレートがモハンの顔面にヒット。モハンは仰向けに倒れ、起き上がることが出来ずに試合終了。

 盤石の戦いぶりを見せ、山際がKOで初防衛に成功。昨年から続く連勝を8に伸ばした。試合後には「防衛しましたが全然守りに入るつもりは無くて、7月18日にKrushに参戦します。どんどん強い選手と(試合を)やっていきます」と山際は晴れやかな表情で語った。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

●編集部オススメ
・大石駿介、モハンを1RKO葬で二冠王に
・山際和希、元J-NET王者を下しBigbang王座獲得

●次ページは佐藤嘉洋vs城戸康裕のスーパーエキシビションマッチ

 

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果

イベント日程
2016年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック