TOP > 試合結果

【MA日本キック】K-1甲子園出身の石田勝希が完勝、13戦無敗に

2016/07/03(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟/士魂関根塾
「横浜登竜門V」
2016年7月3日(日)神奈川・横浜産貿ホール マリネリア

一貴(右)から完勝した石田(左)はこれで13戦無敗となった

▼第6試合 メインイベント MA日本スーパーライト級次期王座挑戦者決定戦 3分3R延長1R
○石田勝希(RKS顕修塾/同級3位)
判定3-0 ※30-28、30-28、30-27
●一貴(日進会館/同級8位)
※石田が王座挑戦権を獲得

 大石駿介が保持するMA日本スーパーライト級王座への挑戦権を懸けて、石田と一貴が対戦。石田は2009年K-1甲子園第3位、プロ戦績は12戦10勝(7KO)2分の無敗記録を更新中。対する一貴は、パンチを得意とし、RISEで活躍中の前RISEフェザー級王者・一刀の後を追う日進会館期待の新鋭。

 1R、上下に散らし速い連打を見せる一貴に対し、石田は強烈な左ボディ。さらにロープに詰めるとパンチ連打をお見舞いし左ハイもヒットさせる。

 2R、プレッシャーをかけ続ける石田は左ボディから右ハイ、左ボディから右ミドルと速い攻撃を仕掛け、終盤には左ジャブで試合を組み立てる。

 3R、左ボディ、右フックと次々に攻撃を当てる石田がペースを握る。パンチ連打で追い込む場面も作り、石田が完勝。これで13戦無敗となり、王座挑戦権を獲得。10月2日、大阪で開催予定のMA認定RKS主催興行で大石と対戦する。


パンチで井原(右)を追い込む真樹(左)

▼第5試合 セミファイナル MA日本スーパーウェルター級ランキング戦 3分3R
○真樹親太郎(真樹ジムAICHI/同級4位)※前原親太郎から改名
TKO 2R31秒 ※ドクターストップ
●井原浩之(Studio-K/同級5位)

 前原親太郎が真樹親太郎にリングネームを改名しての初戦。1R、真樹が左ボディ。井原は右ミドル主体の攻めを見せる。真樹が積極的に首相撲を仕掛け、2Rには首相撲からのヒジ。

 これで井原は額をカットし、真樹がドクターストップのTKO勝ちとなった。

 マイクを握った真樹は「今日は選手会長として試合をして、会長のため、プロ選手のため、自分のために試合をして勝つことができました。次は王座決定戦です。僕が必ずベルトを獲るので応援よろしくお願いします」と王座奪取をアピールしていた。 

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

の続きを読む

【関連リンク】

TOP > 試合結果

イベント日程
2016年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック