TOP > 試合結果

【NO NAME HEROS】ダイナマイト柿崎、地元秋田で激闘

2016/11/27(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

PINK DRAGON
「チャリティームエタイイベントNO NAME HEROES 12」
2016年11月27日(日)秋田テルサ

男鹿のナマハゲと和太鼓の融合「なまはげ太鼓」など、秋田ならではの郷土芸能も披露され大会を盛り上げた

 僅か2週間前に宮城・仙台で『戦場17&Aリーグ35DX』を開催したばかりのDRAGON GYMが、ジム発祥の地・秋田県秋田市でチャリティームエタイイベント『NO NAME HEROES』を開催した。

「NO NAME HEROES(名もなきヒーローたち)」は23年前に秋田県湯沢市で開催されて現在まで不定期で続いているDRAGON GYMの原点とも言うべき大会。

新成塾・安藤晃人によるお笑い空手演武

 DRAGON GYMは秋田県に湯沢支部、秋田支部、大仙支部、本荘支部と4つの支部があり、今回の「NO NAME HEROES」は秋田県の各支部が協力しての開催となった。

 また、今大会では複数の施設の子供たちに元気を与えようと無料で招待、カラーで20ページの有料パンフレットの売上金全額を秋田の子供の施設に寄付する。


地元の声援を受け、積極的に蹴りを見せる柿崎(左)だったがドローに終わった

▼第19試合 メインイベント 秋田vs沖縄3対3対抗戦3 フェザー級 3分5R ※ヒジあり
△カズ☆仲村(真樹ジムオキナワ/元西日本統一フェザー級暫定王者、元KOSスーパーバンタム級暫定王者)
ドロー 判定1-0 ※49-49、50-49、49-49
△ダイナマイト柿崎(DRAGON湯沢/DBSフェザー級王者、前RKAフェザー級王者)

 9月のZONE沖縄大会で行われた全日本スーパーバンタム級王者決定トーナメント1回戦でWBCムエタイ日本バンタム級王者・知花デビットと延長2Rにもつれ込む激闘を繰り広げた秋田在住の柿崎が、沖縄を主戦場にし、36戦17勝18敗1分の戦績を持つ元二冠王・仲村とメインで激突した。

「蹴りを中心に練習してきた」という柿崎は地元の仲間の声援を背に1Rから右ミドルを積極的に見せ、試合のペースを掴む。

 仲村は左ミドルをすぐにリターンし追撃を許さない。中盤ラウンドも柿崎は変わらず右ミドルを主軸とした攻めを見せるが単発の攻撃になってしまう。4Rも右ミドルを多用する柿崎に、仲村はパンチ連打から組み付いてのヒザで反撃し譲らない。最終Rには、手数を増やす柿崎が右ミドル、右ストレート。

 仲村もパンチ連打を返し一歩も引かず激しい攻防に。お互いに決定打はなく、ドローに終わった。これで秋田vs沖縄3対3対抗戦は、沖縄の2勝1分。

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果