TOP > 試合結果

【ムエタイ】石井一成、2RKO勝利でタイトル戦につなぐ

2016/12/28(水)UP

「スックヨードムエタイハイラックスヴィゴー」
2016年12月28日(水・現地時間)タイ・サラブリ県庁舎特設リング

ローキックでKO勝ちした石井一成(右)

▼111P契約試合
○イッセイ・ウォーワンチャイ(=石井一成/エクシンディコンジムJAPAN)
TKO 2R
●バンラングン・オーウィタチャイ(タイ)

 今回でタイ25戦目となった石井。試合3日前に対戦相手が変更となるも、動じることもなく淡々とリングに立つ。石井は現在ペッティンディープロモーション主催トゥルーフォー(True4U)フライ級の3位にランクインしており、タイトル戦のチャンスを得るには落とせない一戦だ。対戦相手バンラングンは戦績75戦60勝という強者。

 試合は初回、パンチからのミドルにつなぐバンラングンに石井は右ローを返す。このバンラングンのミドルがとても早く鋭かったが、石井は動じず黙々とローを蹴り込んでゆく。石井はパンチからのロー、そして左右、上下の体を揺さぶったフェイントからさらにローを蹴り込む。

 2Rに入り、さらに石井のローが目立つようになる。石井のローキックがヒットするたびに、バンラングンは力んだ仕草を見せる。後半、バンラングンは石井のフェイントにはまり、角度良くローを食らうと前のめりに倒れ込む。立ってこれないと判断したレフェリーがすぐに試合を止め、石井の2RTKO勝利となった。

 この試合後にペッティンディープロモーションから、トゥルーフォー(True4U)フライ級のタイト挑戦の話を告げられる。今のところ対戦相手は未定だが、来年初めにメジャースタジアムの王者クラスとトゥルーフォー王座を争うこととなる。

 石井にとっては、過去最強の対戦相手となるだろう。石井は「今回の試合は3日前に急遽対戦相手が変わり、情報が何一つ無かったので1R目は少し探り、いつも通り2Rから倒しに行きました! 今年最後の試合を狙い通りKOで勝つ事ができて良かったです。来年もどんどんKOを狙っていきます」とコメントしている。

Photo & Text 早田寛 Hiroshi Soda

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果

イベント日程
2016年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
≫もっと見る
出場・参加者募集
アクセスランキング
≫もっと見る