TOP > 試合結果

【ボクシング】神の左が激闘制す、山中V12で日本記録に王手

2017/03/02(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

山中の“神の左”が炸裂。合計5度のダウンを奪って12度目の防衛を達成した

「ワールドプレミアムボクシング25 The REAL」
2017年3月2日(木)東京・両国国技館

▼WBC世界バンタム級タイトルマッチ 3分12R
山中慎介(帝拳ジム/WBC世界バンタム級王者)
TKO 7R 57秒 ※左ストレート
●カルロス・カールソン(メキシコ/挑戦者・同級6位)
※山中が12度目の防衛に成功。

 山中が7RでカールソンにTKO勝ち。具志堅用高が持つ世界王座13度連続防衛の日本男子最多記録にあと1つと迫った(単独2位)。

 激闘だった。1Rから積極的な打ち合いを両者が展開し、5Rに山中が左ストレートで2度のダウンを奪ったが、その直後にカールソンが逆襲。右フックをもらってしまい山中がクリンチでしのぐ場面も。

 6Rにも山中が左ストレートでダウンを奪ったが、気持ちの強いカールソンはアグレッシブに前へ出て山中を攻めた。しかし7Rが始まってすぐ、山中の左がヒットしてまたもダウンを追加。最後はガードを固めるカールソンに左ストレート4連発を叩き込んでタフなカールソンをマットに沈めた。

 山中は「まだまだ反省が多い試合だった」と振り返り、記録については「自分は意識はしていなくて、それは皆さんが楽しんでもらえればいいです。自分はお客さんが次の試合も楽しみにしてくれてその期待に応えるだけです。次に向けてやってやるって気持ちがすぐに湧いてきました」と、気持ちはすでに13度目の防衛戦に向いていた。

●次ページ:試合の詳細と写真 

●編集部おススメ記事
・山中慎介、最高の仕上がりに「自分を褒めたい」
・山中慎介、V12戦へKO誓う「相撲以上の盛り上がりを見せたい」
山中がMVPなど三冠、井上は技能賞
山中慎介が“神の左”の秘密を語る  

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

の続きを読む



【関連リンク】

TOP > 試合結果

イベント日程
2017年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
≫もっと見る
出場・参加者募集
Facebookもチェック