TOP > 試合結果

【レベルス】サーシャがT-98を大流血に追い込みTKO勝ち

2017/03/12(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ラジャ王者T-98を大流血に追い込み、ヒジ打ちの恐ろしさをまざまざと見せ付けたサーシャ

Def Fellow
「REBELS.49」
2017年3月11日(土)東京・後楽園ホール

▼第9試合 メインイベント 70kg契約 WPMFルール 3分5R
○サーシャ(ウクライナ/MUAY THAI ACADEMY/ウクライナ・ナショナル王者)
TKO 3R 2分15秒 ※ヒジによるカット→ドクターストップ
T-98(クロスポイント吉祥寺/ラジャダムナンスタジアム認定スーパーウェルター級王者)

 T-98は昨年6月、タイ人以外では史上6人目となるムエタイ世界最高峰のラジャダムナンスタジアム王座を奪取。同年10月にはタイ・ラジャダムナンスタジアムにて初防衛戦を行い、日本人初となる現地での防衛に成功した。さらに12月の『KNOCK OUT』旗揚げ戦では元K-1 WORLD MAX日本王者・長島☆自演乙☆雄一郎をKOし、現在4連勝中。

 そのT-98の「防衛戦はタイで、日本では欧米人とやりたい」との希望を受けて、今や世界最大のキックボクシング団体となりつつある中国『Kunlun Fight』のマッチメイカー・ササン氏から、推薦を受けた選手がサーシャだ。

 サーシャはタイで試合を積んでいるタイ在住のウクライナ人で、ウクライナ・ナショナル王者、EFNトーナメント優勝、ブアカーオが主催しているテレビマッチのスーパームエタイ16人トーナメント準優勝と実績は十分。ササン氏曰く「彼は今タイの70kgで5本の指に入るトップ選手だ」とのこと。戦績は38勝10敗2分。

 1R、お互いにローを蹴り合う中、T-98は得意の右ボディストレート、右ストレートをヒットさせていく。サーシャはT-98のパンチをもらうとすぐに右ストレートを打ち返してくる気の強さを見せる。

 2R、左右ミドルにヒジとヒザを混ぜて攻めてくるサーシャにT-98はひたすら右ローを蹴る。強い右ローの3連打でサーシャはグラつくが、すぐにヒジ、ヒザを返す。T-98はボディへのパンチで前へ出る。

 3R、さらに蹴りとパンチの数を増やしてきたサーシャはヒジも放つ。T-98も負けじと右ローとボディブローで攻めっていったが、右の縦ヒジでサーシャがカットに成功。ドクターチェック後、T-98は前に出てパンチで攻めるが、サーシャの技の回転は止まらない。

 ミドル、ヒザ、ヒジと矢継ぎ早に技を繰り出し、T-98はパンチとローで反撃するが、大流血となり、ついにドクターストップ。初来日のサーシャが現役ラジャダムナン王者を破り、その実力を示した。

●編集部オススメ記事
・ラジャダムナン王者T-98と対戦するサーシャ「私が勝つ」
・ラジャ王者T-98がクンルンファイトからの刺客を迎撃


潘(右)vsスアレック(左)は3Rから激闘となり、両者痛み分けのドローとなった

▼第8試合 セミファイナル スーパーライト級 WPMFルール 3分5R
潘 隆成(クロスポイント吉祥寺/WPMF日本スーパーライト級王者)
ドロー 判定0-1 ※48-50、48-48、48-48
△スアレック・ルークカムイ(タイ/スタージス新宿ジム/元ラジャダムナンスタジアム認定フェザー級7位)

「試練の三連戦」と銘打たれた三番勝負で2連勝している潘。その最終戦で“超攻撃型ムエタイ”スアレックと激突する。

 スアレックは闘志をむき出しにしてパワフルなパンチと蹴りでガンガンと前へ出て倒しに行く“超攻撃型ムエタイ”。翔・センチャイジム、REBELS-MUAYTHAI&WPMF JAPAN王者・雷電HIROAKI前口太尊といった国内トップレベル選手を次々と撃破している。

 1Rはお互いにジャブ&ロー。潘はスアレックの奥足を左ローで狙い撃ち。スアレックも負けじと強い左ローを蹴り返す。

 2Rもローの蹴り合いは続く。潘は強打を放ってくるスアレックのパンチをしっかりとかわし、冷静にローを蹴っていく。スアレックはヒジも放つがロー以外のヒットは奪えない。

 3R、手数を増やすスアレックがワンツーを伸ばし、左右でボディを叩く。潘はパンチをブロックして左右ローを返す。スアレックのパンチが目立つが、潘はそれほど顔面へのヒットをもらってはいない。

 4Rになると一気に距離が詰まり、スアレックが左右フックとワンツーで攻勢をかける。勢いに押される潘はそれでもローをしっかりと返し、左ローではスアレックの身体が揺らぐ。それでもパンチで前に出るスアレック。

 5Rはお互いに声を出しながらのパンチの打ち合い、ローの蹴り合い。潘がカモンゼスチャーすると、スアレックもうなずいて前に出る。潘の強いローで大きくバランスを崩しながらも、パンチとミドルで反撃するスアレック。

 熱闘は痛み分けとなり、決着は両者がエントリーされた6月11日の『REBELS.51』から開幕するREBELS-MUAYTHAIスーパーライト級王座決定トーナメントに持ち越された。

●編集部オススメ記事
・スーパーライト級王座決定トーナメント8人で開幕
超攻撃型ムエタイのスアレック、潘を倒して梅野と戦いたい 

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

の続きを読む



【関連リンク】

TOP > 試合結果

イベント日程
2017年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック