TOP > 試合結果

【DEEP】長谷川賢がKO勝ち、GP決勝は住村と

2017/03/19(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

佐藤がフロントチョークで一本勝ち

▼第9試合 DEEPウェルター級GPリザーブマッチ 5分3R
○佐藤洋一郎(グレイシー・バッハ/第3代修斗環太平洋ミドル級王者)
一本 2R 1分22秒 ※フロントチョーク
桜井隆多(R-BLOOD/第2代DEEPミドル級王者)

 45歳になっても戦い続ける元DEEPミドル級王者・桜井と、元・修斗環太平洋ミドル級王者・佐藤がトーナメントリザーバーの権利を懸けて対戦。1回戦で桜井は奥野、佐藤は長谷川に敗れている。

 1R、前に出た桜井が左フックを直撃させ、佐藤はいきなりのダウン。すかさずパウンドを打ちに行った桜井だが、佐藤は下からヒールホールド狙い。これを逃れた桜井はアームロックを狙ったが、ブレイクとなる。

 ピンチを逃れた佐藤は、桜井がタックルに来ると倒れながらアームロックを仕掛け、アームバーへ移行。桜井が防いだところでラウンド終了となった。

 2R、佐藤が蹴りとパンチで攻め、桜井もパンチを打ち返す。佐藤が打撃で押し始めたところで桜井が不用意にタックルに入り、佐藤はこれをフロントチョークに捕らえ、見事な一本勝ちを飾った。

 佐藤はマイクを持つと、「正直ナメていました。一発喰らって冷静になれました。もし負けたら45歳までやらないといけないのかなと考えていたのがプレッシャーになっていましたが、やれるところまで全力でやりたいと思います」とアピールした。


今成が必殺の足関節技ヒールホールドで秒殺一本勝ち

▼第8試合 DEEPフェザー級 5分3R
今成正和(Team-ROKEN/初代&第6代DEEPフェザー級王者)
一本 1R 23秒 ※ヒールホールド
●大原樹里(KIBAマーシャルアーツクラブ)

 昨年12月、40歳にして約8年8カ月ぶりにDEEPフェザー級王座に返り咲いた今成が、王者として第一戦を迎える。対するは180cmの長身を誇る打撃が得意な大原。

 1R、いきなり大原の足元へ滑り込んで足を取りに行く今成。大原も蹴りで応戦しようとしたが今成に寝かされ、脱出しようとするも今成のヒールホールドにタップ(相手を2度以上叩くギブアップの意思表示)。今成が“足関十段”の本領を発揮し、秒殺勝利を収めた。

●次ページ:上迫vsデルモのDEEPvsパンクラス対抗戦

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

の続きを読む



【関連リンク】

TOP > 試合結果

イベント日程
2017年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
≫もっと見る
出場・参加者募集
Facebookもチェック