TOP > 試合結果

【M-ONE】四冠王・雷電、キャプテンケンに敗れ世界王座逃す

2017/03/20(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

パンチで攻め込むLittle Tiger(左)

▼第9試合 女子ピン級 2分3R
Little Tiger(WSRフェアテックス三ノ輪/TEAM TIGER/WSRインターナショ
ナルアトム級王者、WPMF&WMC世界ピン級王者、パトンスタジアム認定世界女
子112P級王者)
判定3-0 ※三者とも30-28
●サーオマンコン・ポーラマイパカッ(タイ)

 1R、Tigerがサーオマンコンに左ロー。さらに左ハイ、ミドルと蹴り技主体の攻めでペースを握る。2Rから蹴りのペースを上げるサーオマンコンだが、Tigerは左ローからパンチ連打で詰める。最終Rも、Tigerは相手の前進に合わせて左ミドルを当て、サイドキック、左ローで追い詰める場面も見せ圧倒。Tigerがフルマークの判定勝利を収めた。


ニコームレック(右)は組み付いてのヒザ蹴り攻めを徹底

▼第7試合 スーパーフライ級 3分3R
○ニコームレック・トータワット(タイ)
判定2-0 ※30-29、29-28、29-29
岩浪悠弥(橋本道場/WBCムエタイ日本フライ級王者、INNOVATIONフライ級王者) 

 1R、蹴りを上下に散らす岩浪に対し、ニコームレックも蹴りで応戦。2Rに入ると、岩浪はボディにパンチをヒットさせるが、徐々にニコームレックの首相撲に捕まり、ヒザ蹴り攻めを受ける場面が目立つ。3R、なおも組み付いてヒザ蹴りを徹底するニコームレック。岩浪もパンチをまとめてロープを背負わせるが一歩及ばず、判定で敗れた。


シリペック(左)のパンチに左ミドルを合わせる津橋(右)

▼第6試合 ライト級 3分3R延長1R
津橋雅祥(エスジム/前蹴拳ムエタイスーパーフェザー級王者)
判定3-0 ※30-28、30-28、30-29
●シリペック・ペッポートーン(タイ)

 当初、津橋の対戦相手に決まっていた末廣智明(大道塾吉祥寺支部飯村道場)が怪我のため大会直前に欠場。急遽、シリペックが参戦することとなった。 

 序盤から、上背とリーチで相手を上回る津橋は細かいパンチからローとミドルにつなげる攻めでペースを握る。特に左ミドルは強烈で、シリペックがパンチを放ったところに再三ヒットさせる。

 2R以降も、なかなか距離感がつかめないシリペックに対し、津橋は右ジャブを多用しながらミドルとロー。3Rには蹴りを放とうとしたところへ、シリペックの渾身の右ストレートを危うく浴びそうになる場面もあったが、津橋が優勢に試合を進めて判定勝ちを収めた。

●次ページ:工藤vs植村の重量級対決

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」、「」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果