TOP > 試合結果

【極真会館】日本が3階級で優勝、重量級は全日本王者・鎌田が制す

2017/04/19(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

唯一の日本人同士の決勝戦となった軽量級。中量級で5度準優勝の実績を持つ田崎(右)が島田(左)を破り、世界ウェイト制初優勝

 4月15日(土)16日(日)東京体育館で『2017全世界ウェイト制空手道選手権大会』と同時開催で『2017国際親善空手道選手権大会』が行われ、型競技部門12カテゴリーと組手競技部門44カテゴリーに幼年から青少年、女子、壮年の選手、約1800名が参加して覇を競った。

 国際親善大会の一部門として行われた『2017世界女子ウェイト制空手道選手権大会』は、初日に予選が行われ、ベスト4に勝ち上がった選手が2日目に準決勝から決勝戦までを戦った。

中量級決勝/昨年優勝したクリプノワ(右)がマティシアク(左)を破り通算9度目の優勝

 軽量級では昨年優勝した本村愛花と安藤真奈美(両者とも東京城東支部)が共に準決勝で敗れ、決勝戦は島田慧巳(本部直轄浅草道場)と、これまで中量級で5度準優勝の実績を持ち、今年は軽量級に階級を下げて出場した田崎佑麻(広島県支部)のベテラン同士の一戦となり、田崎が3-0の判定勝ちで世界ウェイト制大会では初優勝を遂げた。

 中量級は昨年優勝したアナスタシア・クリプノワ(ロシア)が決勝戦でアレクサンドラ・マティシアク(ポーランド)を判定4-0で下し、体重別の世界女子ウェイト制中量級で通算9度目の優勝。

重量級決勝/2015年無差別世界大会で優勝したグレベンシコワ(左)がイバノワに圧勝。重量級5連覇を達成

 重量級は2015年無差別世界大会で優勝したウリアナ・グレベンシコワ(ロシア)が決勝戦でエリザベータ・イバノワ(ロシア)に判定5-0で圧勝し、重量級5連覇を達成した。

 日本選手は軽量級でベスト4を独占したものの、中量級と重量級では入賞者を出すことができず、特に中量級・重量級の2クラスでは依然として世界の壁を痛感させられる結果となった。

<入賞者>

■軽量級(-55kg)
優 勝 田崎佑麻 (日本/広島県支部)
準優勝 島田慧巳 (日本/本部直轄浅草道場)
3 位 安藤真奈美 (日本/東京城東支部)
4 位 本村愛花 (日本/東京城東支部)

■中量級(-65kg)
優 勝 アナスタシア・クリプノワ (ロシア)
準優勝 アレクサンドラ・マティシアク (ポーランド)
3 位 ダリア・ラキモワ (ロシア)
4 位 アレクサンドラ・ラズニコワ (ロシア)

■重量級(+65kg)
優 勝 ウリアナ・グレベンシコワ (ロシア)
準優勝 エリザベータ・イバノワ (ロシア)
3 位 マリア・ジャスコ (ポーランド)
4 位 エカテリーナ・シュシェルコワ (ロシア)

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

の続きを読む



【関連リンク】

TOP > 試合結果

イベント日程
2017年4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック