TOP > 試合結果

【ムエタイ】センソン、前回惨敗した石井にリベンジを果たす

2017/05/05(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

 

左ミドルに徹底するセンソン

ペッティンディープロモーション
「True4Uムエタイ」
2017年5月5日(金・現地時間)タイ・ランシットスタジアム
True4Uフライ級タイトルマッチ(112P契約)3分5R
○センソン・エラワン(タイ/挑戦者)
判定3-0 ※49-48、49-48、49-47
●イッセイ・ウォーワンチャイ(石井一成/True4Uフライ級王者)
※センソンが新王座に就く。イッセイは初防衛に失敗。 

石井も果敢にパンチを出すが、センソンはガードを固める

 True4Uフライ級王者の石井一成が、ランシットスタジアムにて同タイトルの初防衛戦を行った。挑戦者は2月17日に同タイトルを懸けて戦ったセンソン・エラワンだ。タイでは、好勝負だった試合などはすぐに再戦が組まれる傾向にある。

 センソンは元True4Uミニフライ級王者でもあり階級を上げフライ級で石井との王座決定戦に臨むも石井に惨敗。センソン陣営としては日本人の石井に負けた事に相当なショックを受けていたようで、この再戦試合ではどう対策を練ってきたのかが見所だった。

 1R、リングで見合って、まずセンソンの立ち方が前回とは逆のサウスポー構えになっていた。これは前回、石井に多数蹴り込まれ致命傷となったローキック対策によるものなのだろうか。両者は互いに手数も少なかったが時おり石井の重い右ローが決まり、場内の期待を集めた。

 2Rからセンソンの左ミドルの数が増すが、石井はこの左ミドルにカウンターパンチを狙う。石井のパンチのスピードと破壊力はタイの関係者らも一目置くほどだが、センソンのガードは固かった。

 3Rもセンソンは左ミドルに徹底し、石井はセンソンのミドルに左フックからのパンチラッシュを試みるがクリーンヒットはしなかった。

True4Uフライ級新王者となったセンソン

 4Rには距離が詰まり首相撲に移行。センソンはここでヒザの連打でポイントを取ろうとするが石井もヒザを返す。ヒザ合戦までは良かったが、体捌きにあい石井はセンソンの上に乗られる状態で倒れ込んでしまった。

 最終Rも首相撲の状態が続くが、石井は不利な状態から突破口を見出すことができなかった。

 判定はジャッジ49-48、49-48、49-47でセンソンの判定勝ち。センソン・エラワンが石井への雪辱を果たしTrue4Uフライ級新王者となった。

Photo & Text 早田寛 Hiroshi Soda 

●編集部オススメ記事
・天才高校生・石井一成がタイで王座獲得、KNOCK OUT参戦へ
・新スター誕生、石井が凱旋試合でTKO勝ち

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

の続きを読む



TOP > 試合結果

イベント日程
2017年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック