TOP > 試合結果

【ZEV】新イベント旗揚げ、5・28K-ING朝青龍選抜の代表選手が決まる

2017/05/06(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

新格闘技プロモーションZEV旗揚げ戦に登場した元横綱の朝青龍ことドルゴルスレン・ダクワドルジ氏(左から2番目)

 5月6日(土・現地時間)モンゴルの首都ウランバートルの常設サーカス場で同国の新格闘技プロモーション『ZEV』(ゼブ)が旗揚げ、64kg級&67kg級の二階級で4人制ワンデートーナントが行われた。

64kg級準優勝のバットゲレル(中)を祝福するアーネスト・ホースト(左)とホーストカップ・土居龍晴代表(右)

 会場には来る5月28日、名古屋で開催のホーストカップが昨年11月にスタートしたキックボクシング振興会と合同で開催するメガ・イベント『K-ING』のアーネスト・ホースト(エグセクティブ・プロデューサー)や土居龍晴代表も来場。ホーストはモンゴルでも知名度があり、紹介されると大歓声で迎えられた。

 64kg級では優勝候補のバットゲレルが一回戦のバットエデルネ戦でカットによる出血で負傷判定負けする波乱の幕開けに。結局、決勝は一回戦でガントグトフを破ったエンフバヤルが疲れが見えるバットエデルネから3Rにローキックでダウンを奪い、文句なしの判定勝ちを収めた。

64kgトーナメント決勝戦

 一方、67kg級は優勝候補のムンフォドが期待通りの動きを見せる展開に。一回戦ではオトゴンバートルから2Rと3Rに右フックでダウンを奪って大差の判定勝ち。その勢いで決勝では一回戦ではムンフバートルをパンチとヒザで攻め込み戦意喪失のダウンを奪って決勝に駒を進めたバットバヤルから1R早々ローキックでダウンを奪う。立ち上がってきたバットバヤルだったが、日本から派遣された朝武レフェリーに背中を向けたまま、闘う意志を示さなかったためムンフォンドが1Rレフェリーストップ勝ちを収めた。

67kgトーナメント決勝戦

 エンフバヤルとムンフォドは朝青龍選抜モンゴル軍の代表として5・28『K-ING』に出場する。エンフバヤルは大石駿介と、ムンフォンドは大和侑也との一騎討ちだ。

 選抜モンゴル軍──チーム朝青龍の団長でモンゴルの国民的英雄である元横綱の朝青龍ことドルゴルスレン・ダクワドルジ氏は「今大会に出場した8名はいずれもモンゴルのトップ選手。わが国の選手は総じてパワーと勇気があり、常に突進し続ける。名古屋でも楽しみだね」と太鼓判を押す。

 かつて日本のキックのリングでは現ONE FC王者のジャダンバ・ナラントンガラクやシノブ・ツグト・アマラ(=花戸忍)が活躍した例がある。久々にモンゴル旋風が吹き荒れるか。(スポーツライター・布施鋼治)

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果

イベント日程
2017年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック