TOP > 試合結果

【ムエタイ】日本vsタイ12対12の大規模な対抗戦、日本が9勝2敗1分で大勝

2017/07/30(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

「スックワンチャイ ミトラパープ・タイ・ジープン」(日タイ交流戦)
2017年7月30日(日・現地時間)タイ・サムットサコン県
エクシンディコンジム・タイランド

 本場のムエタイで戦える日本人選手の育成を目標に掲げるウォーワンチャイプロモーションが、福岡県勢を率いてタイ遠征を行った。

 今回のタイ遠征はエクシンディコンジムJAPAN、萬田道場、武湧会の合同により、総勢14名で結成。うち、12名がサムットサコンケン県エクシンディコンジム本部特設リングにて、日タイ対抗戦を開催。同大会は全21試合、大規模な興行としてタイのムエタイ誌でも大きく取り上げられ、関係者らの話題を集めた。
※日本人選手は全員赤いトランクス


▼第9試合 27kg契約
〇林田健蔵(萬田道場)
TKO 1R
●サミングデート・チョータナポラン

 林田健蔵はタイが初めてながらも強烈な前蹴りやキレのある左ミドルが印象的。接近戦では一瞬の隙を詰め、ヒザや縦ヒジも決め初回TKO勝利。そのテクニシャンぶりには驚かされた。


▼第10試合 27kg契約
〇高橋修一(エクシンディコンジムJAPAN)
TKO 1R
●ヨードセンチェン・チョータナパラン

 高橋修一は相手との距離に合わせミドルやヒザを上手く使い分ける。組んだ状態からヒザを急所に決めると相手が腹を抱え倒れ込んだ。その都度どの技を出すか瞬時に判断して出せるのは大したもの。


▼第11試合 30kg契約
〇石井寿来(エクシンディコンジムJAPAN)
判定
●ランボー・トーラクソン

 去年はヒザ蹴りでKO勝ちしている石井寿来。今年はさらにテクニシャンぶりを披露してくれた。相手との距離に合わせ、ミドルとヒザ蹴りを使い分け、そしてパンチでは顔面だけではなく隙を見て強烈なボディー打ちへ切り換えるなど、その技術はピカイチだった。


▼第12試合 34kg契約
〇和田瑠華(萬田道場)
判定
●プラホン・エクシンディコンジム

 この遠征唯一の女子選手、和田瑠華。右ローキックを軸に試合を組み立てるが、ラウンドが増すごとに互いの強打が交差。相手のヒザ蹴りが何発も腹に刺さるが、闘志全開で相手に襲いかかる姿には感動を集めた。スタミナもあって戦う心もあり、その可愛らしさとのギャップで、タイでもたちまち人気者に。

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果

イベント日程
2017年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
≫もっと見る
出場・参加者募集
アクセスランキング
≫もっと見る