TOP > 試合結果

【BOM】ルンピニー現役王者、石井を圧倒KOしてWMC世界王者に

2017/08/07(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

竹内(左)が強烈な左右フックを伊仙町(右)に叩き込んだ


▼第10試合 WMC日本 スーパーバンタム級(55.34kg)契約 3分3R
竹内将生(エイワスポーツジム/MA日本スーパーバンタム級王者)
KO 3R 3分00秒 ※左フック
●伊仙町典久(BLA-FREY/J-NETWORKスーパーバンタム級王者)

 MA王者・竹内とJ-NET王者・伊仙町の王者対決。

 竹内は高校1年生でK-1甲子園東日本準優勝、プロデビュー後はWPMF、J-NETWORKでも王座を獲得。伊仙町は25歳と遅めのプロデビューを果たしたが、今年2月にJ-NET王座を奪取した。

 1R、竹内は右ローと右ミドル、サウスポーの伊仙町は左ミドルで様子見。

 2R、ミドルの蹴り合いの中、竹内はカウンターの右フック、ヒザ蹴り、前蹴りと多彩な技を繰り出す。伊仙町はじわりじわりと前へ出て左ミドルを蹴っていく。

 3R、拮抗した展開が続く中、強い右ミドルをヒットさせる竹内。伊仙町は首相撲からのヒザ蹴り、さらに崩して転倒させる。このまま判定になるかと思われた終盤、竹内が左右フックで一気にラッシュ。最後の最後で左フックをヒットさせ、最終ラウンド終了と同時にKO勝ちした。


ユウ(左)は下がりながらミドルを蹴り、テル(右)をコントロールし続けた

 

▼第9試合 WMC日本フェザー級(57.15kg)王者決定戦 3分5R
ユウ・ウォーワンチャイ(ウォーワンチャイムエタイジム/UKF世界スーパーバンタム級王者)
判定3-0 ※49-48、49-48、50-47
●テル(尚武会/WMC日本フェザー級5位)
※ユウが新王座に就く。

 1R、いきなり強打のワンツーを放つテルに、薄笑いを浮かべるユウ。その後もテルがパンチで前へ出てきても余裕を見せて蹴りを返す。

 2Rはユウが組んでのヒザ蹴りでペースをつかむ。テルのパンチをかわしてミドルも蹴っていく。

 3R、両者にアグレッシブファイトが促されると、ユウが蹴りからパンチ、そして崩し技で鮮やかにユウを転倒させる。テルは終盤に右ローを連打して反撃。

 4R、ユウは下がりながら左右のミドルとハイを放ち、テルにパンチを出させない。テルのローとパンチは単発に終わり、ユウに蹴られる場面の方が目立つ。

 5Rもユウが下がりながらミドルを蹴っていき、テルはほとんど手を出すことが出来ず。最後はユウが余裕で流して試合終了。判定勝ちで新王座に就いた。


 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果

イベント日程
2017年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック