TOP > 試合結果

【J-NETWORK】貞金とMAIKIがKOで新人王に

2017/08/27(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

 

HIROFUMI(左)にショートフックを打ち込んでダウンを奪った貞金(右)

J-NETWORK
「J-FIGHT&J-GIRLS 2017~J-NETWORK 20th Anniversary~6th」
2017年8月27日(日)東京・新宿FACE

▼第14試合 J-NETWORK 2017フェザー級新人王トーナメント決勝戦 サバイバルマッチ1 ※ヒジなし
〇貞金源希(さだかね・げんき/CMG千晴ジム)
KO 2R 53秒 ※右フック
●HIROFUMI(ウルフキックボクシングジム)
※貞金が2017年度フェザー級新人王に。

 1R、パンチ主体のHIROFUMIに対して貞金は蹴りと首相撲主体の攻撃。HIROFUMIはパンチ以外にも左ミドルをヒットさせていく。攻めに勢いのあるHIROFUMIだったが、貞金が右ストレートからの右ショートフックでダウンを奪う。さらに打ち合いにいって右ストレートでダウンを追加。

 2Rが始まった直後にも貞金が右ストレートを直撃させてダウンを奪い、何とか立ち上がったHIROFUMIに貞金がラッシュを仕掛けて右を次々とヒット。コーナーで連打が決まったところでレフェリーが貞金のKO勝ちを宣した。

 KOで決勝を制した貞金は「福岡からたくさんの仲間たちが応援に来てくれました。これからも上を目指して頑張っていきたいと思います」と、さらなる躍進を誓った。


鋭い攻撃を持つMAIKI(左)がKOでスーパーバンタム級新人王

▼第13試合 J-NETWORK 2017スーパーバンタム級新人王トーナメント決勝戦 サバイバルマッチ1 ※ヒジなし
〇MAIKI・FLYSKYGYM(FLY SKY GYM/第16回J-NETWORKアマチュア全日本選手権大会フェザー級トーナメント優勝)
KO 1R 1分51秒 ※右フック
●村主直也(すぐり・なおや/HIDE GYM)
※MAIKIが2017年度スーパーバンタム級新人王に。

 1Rが始まると同時に村主が飛び込んでいき、打ち合いを挑む。MAIKIの左ストレートで大きくバランスを崩した村主だが、すぐに体勢を立て直す。両者パンチとローで激しく攻め合う中、MAIKIが左ストレートを命中させてダウンを奪う。

 立ち上がった村主にMAIKIが左ストレート、右フックを叩き込み、村主がよろけたところでレフェリーは試合をストップ。MAIKIのKO勝ちを宣した。

 MAIKIは「相手も納得いってないと思うし、自分ももっとやりたかった。とりあえずどんどん試合に出て経験を重ねていきます」と、試合内容にやや不満そうにコメントした。

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果