TOP > 試合結果

【ボクシング】岩佐が世界奪取、小國にTKO勝ち

2017/09/13(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

 1R、小國はサウスポーの岩佐に右ストレートを顔面とボディに伸ばしていく。岩佐も左ストレートを繰り出すが、手数は小國の方が多い。残り40秒過ぎ、真正面に立ってしまう小國の左ジャブに岩佐が左ストレートを合わせてダウンを奪う。

 2R、小國はジャブと右ボディストレートで前へ出ていく。そこへ岩佐が左ストレート、右フックを合わせにくる。岩佐が左ストレートを再び直撃させてこの試合2度目のダウンを奪う。前に出る小國にまたしても岩佐が左ストレート、ダウンを追加する。

 3R、右ボディストレートで積極的に攻めていく小國だが、やはり真正面に立っているため岩佐の左ストレートをまともにもらって下がる。勢いに乗る岩佐が左ストレートを何度もヒットさせ、小國の返しのパンチはかわす。

 4R、岩佐の左ストレートを喰らって後退する小國。前へ出ると岩佐が左と右フックを合わせに来る。それでも小國は真正面から右ストレートと左右ボディを放っていく。終盤には両者が足を止めての打ち合いを展開。

 5R、前へ出る小國が左ボディブローを狙い撃ち。岩佐の左をもらいながらも距離を詰めて左右でボディを叩く。岩佐はバックステップでやや距離を取る。

 6R、岩佐が足を止めて左ストレートを次々と叩き込むと、小國は口から激しい出血。それでも前へ出て岩佐にロープを背負わせて連打を繰り出す。しかし、岩佐の黄色いグローブが真っ赤に染まるほどの激しい口からの出血にドクターチェックとなり、ドクターは「ダメだ」と一言。ここで試合がストップとなり、岩佐が王座奪取に成功した。

 新王者・岩佐はマイクを向けられると、「本当に長かったです。ここまで来るのは長くて大変でしたが、応援してくれる人がいっぱいいたおかげで世界のトップに立つことが出来ました。このベルトは本当に価値があると思います。めぐり合わせで小國チャンピオンに勝つことが出来ました。今日はたまたま僕の日だっただけです。神様に感謝します。長らくお待たせしました。世界チャンピオンになると言われて数年経ちます。なかなか順調なボクシング人生ではなかったですが、こうして世界王者になれました」と、ファンに向かって叫んだ。

 なお試合後、今後の進退を聞かれた小國は「引退です」と即答した。

●編集部オススメ記事
・王者・小國があえて挑戦者カラーの青グローブを選択=計量
・【あしたのジョー】ラストシーンのフィギュアにブロンズバージョン登場

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果