TOP > 試合結果

【ベラトール】バンタム級に新王者誕生、コールドウェルがダンタス破る

2017/10/07(土)UP

Bellator MMA
「Bellator 184」
2017年10月6日(金・現地時間)アメリカ・オクラホマ州タッカービル ウィンスター・ワールドカジノ

パンチで前に出るコールドウェル(左)

▼メインイベント バンタム級タイトルマッチ 5分5R
○ダリオン・コールドウェル(29=アメリカ/挑戦者)
判定3-0 ※48-47、48-47、50-45
●エドゥアルド・ダンタス(28=ブラジル/王者)
※ダンタスは防衛に失敗、コールドウェルが新王座に就く。

 ダンタスは修斗ブラジルで活躍し、2009年11月からBellatorに参戦。2012年4月にザック・マコウスキーに一本勝ちを収めて、バンタム級王座を獲得した。2014年10月に迎えた3度目の防衛戦で、ジョー・ウォーレンに初回KO負けを喫して一度王座を奪われたが、昨年6月にマルコ・ロウロを破って王座返り咲き。12月の防衛戦では、ウォーレンにリベンジを果たしている。

タックルを仕掛けるコールドウェル(左)

 対する挑戦者コールドウェルは、学生時代にレスリングのオールアメリカンに輝くなどの実績を残し、2012年にプロデビュー。2014年3月のプロ4戦目からBellatorに参戦し、パンクラスの強豪ハファエル・シウバやジョー・ウォーレンを破るなど活躍。10勝1敗のMMA通算戦績で、初の王座挑戦となる。

 1R、テイクダウンを狙ってタックルを仕掛けるコールドウェル。ダンタスはバックを取られる展開が続き、コールドウェルに豪快なスープレックスで投げられてしまう場面も。

 2Rも、コールドウェルが組み付いてバックを取り、離れ際に左フックでダンタスを一瞬ぐらつかせるなど、優勢に試合を進める。

 3R、なおもコールドウェルがしぶとくテイクダウンを狙う。だが、終盤にダンタスはタックルをかわすと、すかさずバックに回り込む。ダンタスはトップをキープしながら肩固めを仕掛け、マウントポジションを奪ったところでラウンド終了を迎える。

 4R、コールドウェルがタックルからテイクダウンに成功。ダンタスも寝技の攻防からバックマウントを奪ってチョークを仕掛ける場面を作るが、コールドウェルにトップを取られると、エルボーで左目上をカットされ出血する。

 5R、間合いを図りながら、パンチで互いの顔面を狙う両者。ダンタスがフックから鋭いバックハンドブローを見舞うが、コールドウェルはすぐにタックルを仕掛けて、反撃を許さない。

スコット・コーカー代表(左)から祝福を受けた新王者コールドウェル(右)

 終盤にコールドウェルがタックルを切ったダンタスが、バックを取り返ってチョークを仕掛けるも、ここで試合はタイムアップ。

 最終ラウンドまで、しぶとくタックルで攻め続けたコールドウェルが、判定3-0でダンタスを破り、Bellatorバンタム級の新王座に就いた。

●編集部おススメ記事
ヒョードルが74秒KO負け、初陣飾れず
元UFCのロイ・ネルソン、移籍初戦を勝利で飾る

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果

イベント日程
2017年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
≫もっと見る
出場・参加者募集
アクセスランキング
≫もっと見る