TOP > 試合結果

【ボクシング】尾川堅一がIBF世界王者に=ラスベガス

2017/12/09(土)UP

尾川堅一(c)NAOKI FUKUDA/WOWOW

 12月9日(日本時間10日)、米ラスベガスでプロボクシングIBF世界王座決定戦が行われ、前日本王者で、世界スーパー・フェザー級4位の尾川堅一(29=帝拳)が、同級5位の技巧派サウスポーのテビン・ファーマー(27=米)に判定2-1(116-112、115-113、116-112)で勝ち、尾川が世界初挑戦にして世界王座に就いた。

 試合は、尾川の22勝(17KO)1敗とKO率74%に対し、25勝(5KO)4敗1分とKO率は低いが技巧派でディフェンスに長けるファーマー。その戦績が表すように尾川の日本拳法譲りの強い右ストレートとファーマーのディフェンスと手数の展開となった。

 尾川は7Rにチャンスが訪れる。得意の右ストレートでファーマーをぐらつかせた。パンチで詰めて行きヒットするがファーマーもうまくかわす。
 8R、ファーマーの左フックが入るが、尾川がボディと顔への右ストレートと左ボディで動きを止める。そして10Rにも尾川の右ストレートが入り、ファーマーがダメージで足をふらつかせるなど、ダメージを与えたが、ファーマーの巧いディフェンスもあり判定となったが、尾川の世界奪取となった。

「エキサイトマッチ」※尾川vsファーマー戦を放送
12/11(月)夜9:00[WOWOWライブ]
http://www.wowow.co.jp/sports/excite/card/2017dec.html

●編集部オススメ

・日本拳法パンチ炸裂か、村田諒太は尾川のKO勝ちを予測

・尾川堅一と那須川天心が元日本王者とスパー対決「世紀の一戦をしたい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果