TOP > 試合結果

【柔術】内柴正人、初の苦戦で連続一本勝ち記録は途絶えるも二階級制覇

2018/02/25(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ライト級決勝戦では危うく相手にポイントを取られそうな場面もあった内柴(上)だが、レフェリー判定で優勝を飾った

日本ブラジリアン柔術連盟
「第12回全日本マスター柔術選手権」
2018年2月24・25日(土・日)東京・墨田区総合体育館武道場

1回戦は腕十字で一本勝ち

 アテネ&北京五輪の柔道男子66kg級金メダリスト・内柴正人(39=アラバンカ柔術アカデミー)が2月25日(日)墨田区総合体育館で開催された日本ブラジリアン柔術連盟主催『第12回全日本マスター柔術選手権』に出場した。

 内柴は青帯で36歳~40歳が対象となるマスター2のライト級(道衣込み76kg以下)カテゴリーにエントリー。7名参加のトーナメントに臨んだ。

準決勝も腕十字を極めて一本勝ちした

 1回戦は相手の足を払ってパスガード(相手が自分を挟んでいる両脚の間から抜け出すこと)から抑え込み、腕十字で一本勝ち。準決勝も内股でテイクダウンするとハーフガード(自分の片足が相手の両脚に挟まれている状態)から足を抜いてパスガードしての腕十字で一本勝ちと、順調に決勝へと進む。

 決勝で原田大樹(リバーサルジム新宿Me,We)と対戦した内柴は、寝技に引き込んできた原田のグリップを切り、これまでと同様パスガードを狙うが、原田は足を執拗に絡ませ、パスガードを許さない。そして試合終盤には自らが後転するようにスイープ(上下の体勢を入れ替える技)を仕掛け、これに内柴はやや体勢を崩したものの、五輪2大会連続金メダリストの体幹の強さとバランスを見せ、こらえ切ってポイントを与えない。

危うい場面も体幹の強さとバランスの良さで難を逃れた

 再度、原田が同様の形でスイープを狙っても内柴は素早く察知して体勢を大きくは崩さず、試合は既定の5分間を終えタイムアップ。両者0-0でノーポイントであったため勝敗はレフェリーの判定にゆだねられ、レフェリーは内柴を支持。バランスを崩した原田のスイープはあったが、試合時間の多くを通じてパスのプレッシャーを掛け続けた内柴の姿勢が支持を受け勝者となった。

 これで昨年11月26日の柔術デビュー戦以来続いた一本勝ち記録が途絶え、初のフルタイム判定決着となった内柴だが、これに関しては「気にしていません。今は柔術を練習する体制が出来つつあって、“柔術を勉強しよう”という気持ちが形になって嬉しい。たとえ今の試合が負けになったとしても、道場に持ち帰って練習したいと思っていました」と話し、柔術デビューから初の苦戦となったが、新たなことを学ばんとする謙虚な姿勢を語った。

 内柴はこの後、夕方から行われた無差別級にも出場しこちらも優勝。二階級制覇を達成した。

●編集部オススメ

・韓国人気グループBIGBANGのV.Iが公式戦デビューで準優勝

・中村アン、柔術に初挑戦「難しいけど楽しい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果