TOP > 試合結果

【ボクシング】無敗の女王・矢吹純がTKOで11連勝

2018/05/05(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

強い左を打ち込み、サオワラック(左)を圧倒する矢吹(右)

協栄ボクシングジム
「TFC 東京ファイトクラブ vol.2 ~ラスト亀田興毅~」
2018年5月5日(土)東京・後楽園ホール

▼第4試合 女子48.5kg契約 2分6R
〇矢吹 純(協栄ジム/日本女子ミニマム級王者)
TKO 3R 1分40秒 ※レフェリーストップ
●サオワラック・ナリーペンシー(23=タイ)

 プロデビュー以来10戦全勝の“無敗女王”矢吹が今回迎え撃つのは、12戦7勝(1KO)5敗の戦績を持つサオワラック。

 1R、サオワラックは右ボディストレートを多用して来るが、ガードが低くサウスポーの矢吹の右ジャブ、右フックをもらう。

 2R、サオワラックは集中的にボディを狙い、大きな左右フックを放って前へ出てくる。そこをワンツーで迎え撃つ矢吹。左ストレートが強烈に決まる。

 3R、両者のスピードの差は明らかで、矢吹のワンツー、さらに連打がサオワラックを圧倒する。コーナーへ詰めての顔面と頭部への連打から左フックでダウンを奪うと、その後も左右フックの連打、そして左ボディブローで一方的な展開に。レフェリーがストップをかけ、矢吹が圧勝した。

●編集部オススメ

・銀座のホステスしながら復帰戦の神田「毎朝のロードワーク欠かさない」

・モデルボクサー高野人母美、ラウンドガールで痛恨ミス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果