TOP > 試合結果

【シュートボクシング】大桑宏章、新鋭・手塚に大差を付けて勝利

2018/05/13(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

シュートボクシング協会
「SHOOTBOXING 2018 ヤングシーザー杯act.2」
2018年5月13日(日)東京・浅草花やしき

大桑(右)が大差を付けて新鋭・手塚(左)から判定勝ち

▼第5試合 SB日本スーパーバンタム級(55.0㎏) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
○大桑宏章(35=シーザージム渋谷/SB日本スーパーバンタム級9位)
判定3-0 ※30-28、30-27、29-27
●手塚翔太(16=GONG-GYM坂戸)

 前戦の4月大会でRISEバンタム級3位・優吾・FLYSKYGYMに大差を付けて判定勝利した大桑が連戦。今回の相手、手塚は2017年アマチュアシュートボクシング全日本大会準優勝の実績を持つ現在高校2年生の新鋭。

「リーチを活かした攻撃が持ち味」という手塚は1Rから右ストレート。さらに正道空手仕込みの胴回し回転蹴りなどの大技を見せる。大桑は後手に回って押され気味の印象。

 2R、接近戦で大桑が左ストレートでダウンを奪う。3R、巻き返しを狙う手塚はミドルとヒザ蹴りで大桑を追い込む場面もあったが、大桑は右ボディブローをヒット。これで後退した手塚に対し、大桑はラッシュ。投げにもトライし追い込んだが時間切れ。大桑が判定で新鋭を退けた。


▼第4試合 SB日本スーパーフェザー級(60.0kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
○上田一哉(シーザージム新小岩/SB日本ライト級3位)
TKO 2R1分49秒 ※セコンドからタオル投入
●西川創太(志真會館/SB日本スーパーフェザー級3位)

▼第3試合 SB日本スーパーライト級(65.0kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
○イモト(GSB/SB日本スーパーライト級7位)
判定3-0 ※30-25、30-24、30-25
●佐逹 淳(シーザージム新小岩)

▼第2試合 SB日本ライト級(62.5kg) フレッシュマンクラスルール 3分3R延長2R
○江澤悠里(シーザージム)
判定3-0 ※30-25、30-26、30-25
●伊藤☆四郎(シーザージム新小岩)

▼第1試合 SB日本スーパーバンタム級(55.0kg) セミプロマッチルール 2分3R延長1R
○山田虎矢太(シーザージム)
TKO 2R1分12秒 ※レフェリーストップ
●速水堅太(HAYATO GYM)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果