TOP > 試合結果

【GLORY】最強王者シッティチャイが期待の新星下す、4度目の防衛成功

2018/05/14(月)UP

得意の左ハイをヒットさせるペッパノムルン(右)

▼フェザー級 3分3R
○ペッパノムルン・ゲッムーガオ(22=タイ/GLORYフェザー級2位)
KO 2R 1分40秒
●アブデラ・エズビリ(31=フランス/GLORYフェザー級4位)

 GLORYフェザー級王者ロビン・ファン・ロスマレンへの次期挑戦権を占う一戦。ペッパノムルンはムエタイの強豪選手で、GLORYでは2016年3月に元フェザー級王者セルゲイ・アダムチャックに勝利。昨年5月にはロスマレンの王座に挑戦したが、判定で敗れている。しかし、昨年12月にシュートボクシングS-cup65kg世界トーナメント2016優勝のザカリア・ゾウガリーを左ハイでKOし、今回の一戦へとつなげた。

 対するエズビリは2013年1月のKrush -67kg級初代王座決定トーナメントに出場した経験を持ち(決勝で久保優太に判定負け)、GLORYでは昨年10月の4人制コンテンダー・トーナメント(今後のタイトル戦線などを占うトーナメント)を制し、タイトル戦線に浮上した。昨年11月には母国フランスのNuit Des Championsで、野杁正明から-66kg王座を奪うなど好調だ。 

勝負を決めたペッパノムルン(左)の左ハイ

 1R、いきなり強烈な左ミドルや左インローを飛ばしまくるペッパノムルン。エズビリは片手クリンチから右アッパーを振るおうとするも、ペッパノムルンにロープまで弾き飛ばされ、跳ね返ってきたところに左ミドルを叩き込まれる。

 エズビリの左インローに合わせてペッパノムルンが左フック。これでエズビリはよろめくが何とかクリンチに逃れる。なおも荒々しく迫るペッパノムルンは左ハイもクリーンヒットさせるが、エズビリは倒れず踏ん張った。

 2R、巻き返したいエズビリはワンツーから左インローのコンビネーションを中心に手数を増す。しかし、距離が詰まる度にペッパノムルンに強烈テンカオを突き刺され、エズビリは徐々に動きが落ち始める。

 右ミドルを返すエズビリ。だが、この直後にペッパノムルンは右の拳を突き出しながらエズビリをロープまで押し込み、跳ね返ってきたところで左ジャンピングハイ一閃。アゴに直撃を受けたエズビリは前のめりに倒れ、そのまま起き上がることができず。ザカリア戦に続き、またも左ハイで鮮烈KO勝ちを飾ったペッパノムルンが、次期挑戦者の最有力候補となった。


左ハイでデビー(右)の顔面を狙うメクセン(左)

▼女子スーパー・バンタム級タイトルマッチ 3分5R
○アニッサ・メクセン(30=フランス/GLORY女子スーパー・バンタム級王者)
判定5-0 ※49-46、49-46、49-46、50-45、50-45
●アメル・デビー(28=フランス/GLORY女子スーパー・バンタム級2位/挑戦者)
※メクセンが初防衛に成功。

 メクセンは昨年12月のGLORY女子スーパー・バンタム級タイトルマッチで、Lion Fight二階級制覇の実績を持つティファニー・ヴァン・ソーストから王座を奪取(ソーストは2度目の防衛に失敗)。今回が初防衛戦となる。戦績は94勝(30KO)3敗。

 対するデビーは豊富な運動量とハードパンチを持ち味に、32勝(11KO)1敗の戦績を収めている。唯一の黒星は2016年10月のGLORY女子スーパー・バンタム級王座決定トーナメント決勝戦で、ソーストに喫したものだ。

 1Rはメクセンがワンツーやワンツスリーと連打で仕掛け、左インローや右ミドルにしっかりとつなげる。2Rと3Rはデビーがパンチをまとめ、メクセンはクリンチで潰しながらのヒザ蹴り。デビーがなおも前に出るとメクセンは前蹴りやサイドキックで突き放す。

メクセン(右)の腰にベルトを巻くバンナ(左)

 4Rには両者がパンチの打ち合いとなるが、右ストレートをクリーンヒットさせるなど精度はメクセンが上回る。メクセンは左右ローもヒット。5Rにデビーはパンチの乱れ打ちから、クリンチに持ち込んでのヒザ蹴りで逆転を狙うも及ばす。

 手数のデビーに対し、正確な打撃でしっかりと有効打を重ねたメクセンが、大差の判定勝ちで初防衛に成功。試合後にはジェロム・レ・バンナがリングに登場し、メクセンの腰にベルトを巻いた。

▶︎次ページ:迫力満点のヘビー級マッチ、王座逃したサディックが再起戦

●編集部オススメ

・バダ・ハリが復帰戦で勝利、カラケスとの因縁に終止符打つ

・ロスマレンが盤石の強さで2度目の防衛に成功

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」、「」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果