TOP > 試合結果

【JFKO】入来建武が天敵・島本雄二を破り初代王者に=第1回国際大会

2018/05/20(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

国際フルコンタクト空手道選手権大会実行委員会
「第1回国際フルコンタクト空手道選手権大会」
2018年5月19日(土)20日(日)エディオンアリーナ大阪
【男子の部】2P目

第2回全日本王者の岡崎(左)が軽量級優勝

 軽量級では第2回JFKO全日本優勝の岡崎陽孝(新極真会千葉南支部)が、準々決勝で昨年王者の秋元皓貴(七州会)を破って勝ち上がって来た河瀬惇志(新極真会佐賀筑後支部)を、決勝で本戦判定5-0に下して優勝。

 軽重量級は、準決勝で宿敵の前田勝汰(新極真会和歌山支部)を破った加藤大喜(新極真会愛知山本道場)が、決勝で島本一二三(新極真会広島支部)から上段外回し蹴りで技ありを奪っての判定5-0で勝利。JFKO第2回全日本選手権大会以来の優勝を遂げた。

軽重量級は加藤(右)が制した

 しかし、中量級では福地勇人(白蓮会館)が新極真会以外の選手で唯一の決勝戦進出を果たし、JFKO全日本選手権大会で三連覇を達成した前田優輝(新極真会和歌山支部)と対戦。勝敗は最終延長戦にまでもつれ込み、福地が得意の上段ヒザ蹴りを狙い撃ちして判定4-1で勝利。新極真会の男子全階級制覇を阻止した。

前田(右)に飛びヒザ蹴りを放つ福地(左)

 福地は「前田選手には1回負けているのでずっとリベンジしたくて、前田選手を好きになるんじゃないかってくらい動画を見て研究していました」と冗談を交えて喜びのコメント。そして「白蓮会館の皆様、他流派の皆様、皆様の応援があって再延長で勝てました。応援がなかったらどこかで気持ちが折れていたかもしれません。皆さんの応援のおかげです」と感謝の気持ちを述べた。

■男子入賞者

▼軽量級
優 勝 岡崎陽孝(新極真会千葉南支部)
準優勝 河瀬惇志(新極真会佐賀筑後支部)
3 位 寺崎昇龍(士衛塾)
    松本充史(魚本流空手拳法連盟)

▼中量級
優 勝 福地勇人(白蓮会館)
準優勝 前田優輝(新極真会和歌山支部)
3 位 島原隆司(新極真会宮崎中央支部)
    越智純貴(新極真会沖縄支部)

▼軽重量級
優 勝 加藤大喜(新極真会愛知山本道場)
準優勝 島本一二三(新極真会広島支部)
3 位 サラハト・ハサノフ(新極真会アゼルバイジャン支部)
    前田勝汰(新極真会和歌山市部)

▼重量級
優 勝 入来建武(新極真会城南川崎支部)
準優勝 島本雄二(新極真会広島支部)
3 位 落合光星(新極真会和歌山支部)
    エドガー・セシンスキー(新極真会リトアニア支部)

▶︎女子の決勝レポートはこちら

●編集部オススメ

・【女子結果】17歳の水谷恋が4連覇絶対女王の菊川結衣を破る

・島本雄二が合わせ一本勝ちで3度目の優勝、入来との5度目の決勝対決を制す

・白蓮会館が2階級制覇、元ムエタイ王者・秋元は悲願の初優勝=2017年大会

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果