TOP > 試合結果

【MA日本キック】宮崎勇樹が大野貴志の3階級制覇を阻止

2018/05/20(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

気迫満点の宮崎(右)が大野(左)に右ストレートを打ち込む

マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟/士道館
「~FIGHT FOR PEACE 9~」
2018年5月20日(日)東京・後楽園ホール

▼第12試合 メインイベント MA日本フェザー級王座決定戦 3分3R延長1R
〇宮崎勇樹(相模原Sジム/MA日本フェザー級3位)
判定3-0 ※三者とも30-29
●大野貴志(士道館新座ジム/WMC日本スーパーバンタム級王者)
※宮崎が新王座に就く。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

 5大タイトルマッチが用意された今大会でトリを務めるのはMA日本フェザー級王座決定戦。大野はこれまでMA日本バンタム級、BigBangスーパーバンタム級、WMC日本スーパーバンタム級と3本のベルトを獲得し4本目のベルトと3階級制覇を狙う。対する宮崎は初戴冠を目指す。

 1R、キビキビとした動きでフットワークを踏み、大野は右ロー、右ミドルと入れていく。しかし宮崎は大野が入って来るところに合わせるストレート、ヒジと右のカウンターが冴え、大野をリズムに乗らせない。

 2R、大野はジャブから左ボディフック、右ストレートとプレスを強めるが、宮崎はやはり右ストレートで応戦。大応援団の後押しを受け、宮崎は大野の出入りに左右ストレート、右ヒジを合わせ、次第に試合の流れを手繰り寄せていく。

 3R、大野は左インロー、ジャブと放ち、そこから攻撃を繋がんとするが、宮崎は組みついてヒザを放ち大野の連係を止める。そして徐々に自信を持ってきた様子で、右ストレート、左ヒジで宮崎は前に出る。フットワークでこれをさばき右ローを打ち込む大野だが、宮崎が右ストレートを決め、やや大野を横向きにさせ試合終了。

 判定はジャッジ三者が30-29をつけ、勝者・宮崎。大野の3階級制覇を阻んで初戴冠を果たすと、「誰も自分を知らないと思うんですけど、いつもたくさん来てくれる応援に感謝しています。大野選手はめちゃくちゃ強くて怖かったんですけど、勝ててよかったです」と大声援で後押しした応援団と勝利の喜びをともにした。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら


KOした試合は全てパンチという夏樹(右)の剛腕フックがロバーツ(左)をなぎ倒す

▼第11試合 MA日本ヘビー級タイトルマッチ 3分3R延長1R
〇夏樹(リボルバージム/MA日本ヘビー級3位/挑戦者)
KO 2R 1分29秒 ※3ノックダウン
●アレックス・ロバーツ(アメリカ/空柔拳会館/MA日本ヘビー級王者)
※夏樹が新王座に就く。ロバーツは3度目の防衛に失敗。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

 ロバーツは昨年4月にミハイロ・コディネッツ(ウクライナ)を初回KOで降し、2度目のMA日本ヘビー級王座防衛を果たしたが、その後はBigBangで過去にKO勝ちしたプリンス・アリに今度は初回KO負け。それ以来7カ月ぶりとなる試合で、3度目の王座防衛戦に臨む。

 対する夏樹はラグビー出身で、RISEのヘビー級ランキングにも名を連ねる選手。16戦10勝(8KO)6敗という戦績のうち、全てのKOをパンチで奪っており、剛腕でロバーツに挑む。

 1R、自慢の剛腕フックを飛ばしていく夏樹に対し、ロバーツはジャブと左インローで距離を保とうとする。しかし夏樹はパンチ一辺倒にはならず、ローも織り交ぜる。夏樹のパンチにロバーツはヒザ蹴り、ロー、ミドルと蹴りで対抗する。

 2R、ロバーツは右ロー、右ミドルと蹴りを当て、夏樹のパンチが届かない間合いを保持せんとする。しかし強振した夏樹の右フックが側頭部付近をとらえ、ロバーツは巨体を崩してダウン。立ち上がりガードを固めるロバーツだが、夏樹はその間から左フック、右フックとパンチをねじ込みスタンディングダウンを追加する。

 あとがなくなったロバーツだが反撃の余力がなく、夏樹が再度左右フック、右ストレートでスタンディングダウンを奪い、2R1分29秒、KO勝ち。「試合が決まった時は嬉しかったけれど、みんな勝てると思ってなくて、正直俺も勝てると思っていなかったです(笑)」と率直な心境を明かし戴冠を喜んだ。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

次ページ:臼井憲史vs後藤龍治、SHUN JANJIRAvs鷲尾亮次

●編集部オススメ

・5大タイトルマッチ決定、大野貴志がMA二階級制覇狙う

・強打者揃いの菅原道場から王者・島野浩太朗、”バズーカ”巧樹らが出場

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果