TOP > 試合結果

【クンルンファイト】12試合中8試合で中国勝利、WMC日本王者・栄基はKO負け(動画あり)

2018/06/06(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ルー(左)がパンチで3度のダウンを奪い、栄基(右)にKO勝ち

「Kunlun Fight 75」
2018年6月1日(金・現地時間)香港・マカオフォーラム

▼第2試合 3分3R
〇ルー・ジェンボ(中国)
KO 1R 2分25秒 ※3ノックダウン
●栄基(エイワスポーツジム/WMC日本ウェルター級王者)

 栄基はミドルキック、首相撲、ヒジなどのムエタイスタイルを得意とし、様々な団体のリングで活躍。2015年にはJ-NETWORKウェルター級王者となった。昨年の夏に引退したが4月に現役復帰。その復帰戦でWMC日本ウェルター級王座決定戦を行い、勝利した。

 1R開始早々、栄基の右ミドルをキャッチするルー。その後もお互い蹴りで距離を確かめる。前に詰めてパンチのコンビネーションを放つルーだが、下がりながらよける栄基。その後、前にプレッシャーをかけつつボディストレートを当てる栄基。

 栄基の蹴りにパンチを返すルー。栄基もパンチで応戦するが、栄基がジャブを当てて下がった瞬間にルーの右フックがアゴに直撃してダウン。栄基は立ち上がるも足が踏ん張れず、続くパンチの連打でスリップ気味に2度目のダウン。最後は右ストレートを直撃されて3度目のダウンを喫し、TKO負けとなった。

●ルーvs栄基の試合動画


前に出てくるズエフ(右)をカウンターのヒザ蹴りで迎え撃つスーパーボン(左)

▼メインイベント 第12試合
〇スーパーボン・バンチャメーク(タイ)
判定5-0 ※30-27、30-27、30-27、30-28、30-29
●デニス・ズエフ(ベラルーシ)

 2014年のKunlun Fight70kgトーナメントで優勝したズエフと、2016年の同トーナメントで優勝したスーパーボンの王者対決。

 試合開始から強烈なパンチで前に出て攻めるズエフに対し、ミドルと前蹴りで距離を取るスーパーボン。ズエフが前に出てきたところでスーパーボンは首相撲で組んでのヒザ攻撃を見舞う。終始このスタイルで相手の攻撃を封じたスーパーボンが判定で勝利した。

 この試合以外の11試合は全て赤コーナーに中国人選手が陣取って外国人選手を迎え撃ったが、3試合(相手はタイ人)を除く8試合で中国人選手が勝利し、中国人選手の強さをまざまざと見せつけた。

 なお、8月5日大会にはT-98(クロスポイント吉祥)と大和侑也(大和ジム)の参戦が決まっている。

●編集部オススメ

・大雅がトーナメント1回戦で敗退

・中国スター選手相手に健太が惜敗

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果