TOP > 試合結果個別

【巌流島】田村がブルース・リー拳法の使い手に敗れ、対抗戦は世界選抜が勝利

パンチで田村(右)に攻勢を掛けるブラマ(左)

▼副将戦(80kg契約)3分3R ※特別ルール(寝技・関節技あり)
○レオナルド・ブラマ(イタリア/ジークンドー)
判定3-0
●田村潔司(プロレスリング/U-style/日本) 

パンチを打ち合うブラマ(左)と田村(右)

 田村は1989年5月にUWFでプロレスラーとしてデビュー、UWFインターナショナルを経てリングスでは無差別級王座を獲得。その後、PRIDEやDREAMなどで活躍し、2008年大みそかの桜庭和志戦以来、実戦から遠ざかっていたが2015年7月の巌流島で復活。しかし、今年3月、7月と巌流島で連敗を喫している。

 再起を懸けて対戦する相手は、ジークンドーをバックボーンに持つブラマ。ジークンドーとは、あのブルース・リーがカンフーにボクシングやレスリング、柔道や合気道などのエッセンスを取り入れて創始した格闘技。ブラマはジークンドーのほかにカンフーも学んでおり、MMA(総合格闘技)でも1勝1分。身長180cm、体重77kgと田村と体格もほぼ同じ。 

 1R、蹴りでけん制するブラマに田村が左ミドル、右フックをヒットさせていく。ブラマは襟をつかむようにしてのアッパーを当てる。右ストレートを連打するブラマ。田村はやや慎重な出足となった。 

 2R、道着のつかみ合いからショートのフックを連打する両者。ブラマのパンチ連打をまともにもらって押された田村だが、タックルでテイクダウンする。

 田村は鼻から出血。ブレイク後もブラマのフックをもらう場面がある田村。ヒザ蹴り、左ミドルで体勢を立て直すが、ブラマのパンチをもらってしまう。

 3R、田村は前進するブラマに左ミドルとヒザ蹴りを合わせる。ブラマは回転蹴りを何度か見せるが、これは空を切る。蹴りをキャッチして寝技に持ち込む田村だったが、首を抱え込まれてブレイク(寝技の時間制限15秒)。

 ラスト10秒で田村が前に出ようとするも、ブラマのパンチを浴びてしまった。

 判定は3-0でブラマが勝利。田村はこれで3連敗。また、この勝利により対抗戦は世界選抜の勝利が確定した。

※全試合結果はこちら

●編集部おススメ記事
田村潔司の対戦相手がイタリアの拳法家に
復活・田村潔司が秒殺一本勝ち(2015.7.18)

【関連リンク】

関連記事

関連記事をもっと見る≫




TOP > 試合結果個別

イベント日程
2017年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
≫もっと見る
出場・参加者募集