TOP > 注目の写真 > 試合結果個別

【RIZIN】RENAが大ピンチからの逆転KO勝ち

2017/04/16(日)UP

▼第8試合 RIZIN女子MMAルール 49.0kg契約 5分3R
RENA(シーザージム/シュートボクシング世界女子フライ級王者)
KO 1R 2分49秒 ※左ボディブロー
●ドーラ・ペリエシュ(ハンガリー/初代HFCストロー級王者)

 シュートボクシング世界女子フライ級王者で、MMA(総合格闘技)でも2015年大みそかにデビュー以来3連勝中のRENA。今大会のメインビジュアルにもなり、大会の顔的な存在だ。

 ペリエシュは長いリーチを駆使した寝技を得意としており、2010年のプロデビューから7戦連続一本勝ちを収めた初代HFCストロー級王者。2015年3月の8戦目で初黒星を喫し、その後は腰の怪我により長期離脱を余儀なくされていたが、今大会で女王RENAの首狩りに名乗りをあげた。

 1R、ペリエシュが右フックからいきなり組み付き、寝技に持ち込むと下からの腕十字。一瞬腕を伸ばされたがすぐに起き上がり、今度はしっかりと解除して立ち上がる。

 スタンドに戻るとRENAの三日月蹴り気味の前蹴りがクリーンヒット、ペリエシュが腹をおさえてしゃがみ込む。ここで離れてしまったRENAだが、ダウンカウントがないためレフェリーは試合を続行。ペリエシュは立ち上がる。

 一気にボディを攻めに行くRENAだが、ペリエシュは組み付く。ヒザ蹴りを見舞うRENAにまたもダウンするペリエシュ。下からヒールホールドを仕掛けてきたペリエシュの顔面を容赦なく踏みつけ、離れるとジャンプしての踏みつけも繰り出すRENA。

 ヒールホールドから足を抜いて脱出すると、RENAは右ストレートからの左ボディブロー。これが強烈にヒットし、ペリエシュはまたもダウン。ここでレフェリーが試合をストップした。

 逆転勝利に盛り上がる場内。RENAはマイクを持つと、「ヒヤヒヤした。こういう形で勝ててほっとしています。でもまだまだ強い相手はいっぱいいて、強い人なら今の場面で取られてしまったかもしれない。私はまだまだだと思います。もっと強くなりたいと思います」と、反省しきりのRENA。

 「4月はスタートの時期です。私は昔、引きこもりでしたが、SBに出会ってRIZINに出会って今こうして皆さんの前でマイクを握れて、応援していただいて本当に嬉しいです。10月から始まるトーナメント、私はやれば出来る子だから見ていていてね」と、10月から始まるRIZIN女子世界トーナメントへ向けてアピールした。

●全試合結果はこちら

関連記事

関連記事をもっと見る≫




TOP > 注目の写真 > 試合結果個別