TOP > 試合結果個別

【UFC JAPAN】五味隆典、ラストマッチはわずか1分30秒で散る

UFC
「UFC FIGHT NIGHT JAPAN」

2017年9月23日(土)さいたまスーパーアリーナ

▼第7試合 ライト級 53R
キム・ドンヒョン(韓国
TKO 1R 130秒 パウンドレフェリーストップ
五味隆典(ラスカルジム

ダウンを奪われパウンド連打でTKO負けしマットに横たわる五味

 五味は修斗ウェルター級王者、PRIDE初代ライト級王者と、国内MMAで活躍した後、2010年からUFCと契約、これまで1248敗のUFC戦績を残している。20149月から4連敗中で、いずれも1Rでの敗北。今回の試合がUFCでのラストファイトだと公言している。

 対戦相手はUFC12敗のドンヒョン(20062007年にDEEPで活躍し、UFC13勝をあげているキム・ドンヒョンとは同姓同名の別人)。パンチとヒザ蹴りで前へ出てくるアグレッシブな打撃系ファイターだ。

ダウンを奪われパウンドの連打を浴びる五味

 1R、五味は右に左にと構えをスイッチして前へ歩いていく。右へ動いたドンヒョンに合わせて五味も左へ移動したところで、ドンヒョンの右ショートストレートをモロに直撃されて五味はダウン。

 すかさずドンヒョンが上に乗ってエルボーを落とし、パウンドを連打。五味は防戦一方となり、レフェリーが試合をストップした。

試合後の五味

 1Rわずか130秒で五味を葬ったドンヒョンは、「(五味は)高校の時からあこがれの選手、僕のヒーローでした。そんな選手と戦えて光栄です。五味はストライカー(打撃主体の選手)として素晴らしい選手なので、彼の距離に入らないようにしました。そして自分が先手を取ること。それが戦略でした」と勝利者インタビューに答えた。

※全試合結果はこちら

●編集部おススメ
・五味隆典、UFCラストファイト後は「やりたい試合やる」
・五味隆典「無茶する、爆発する」

関連記事

関連記事をもっと見る≫




TOP > 試合結果個別

イベント日程
2017年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る