TOP > 試合結果個別

【SB】高橋が一本背負い決めるも健太が延長戦で勝ち決勝進出

2017/11/22(水)UP

シュートボクシング協会
「-SHOOT BOXING BATTLE SUMMIT-GROUND ZERO TOKYO 2017」
2017年11月22日(水)東京ドームシティホール

高橋(左)と激戦を繰り広げ、判定勝ちした健太(右)

▼第2試合 SB日本スーパーライト級王座決定トーナメント一回戦 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長1R ※ヒジあり
〇健太(E.S.G/WBCムエタイ日本統一ウェルター級王者)
延長R 判定3-0 ※三者とも10-9
●高橋幸光(はまっこムエタイ/元J-NETWORK&MA日本ライト級王者)
※健太が決勝戦へ進出。本戦の判定は29-28(高橋)、28-28、29-29

 もうひとつの1回戦はキックボクサーのベテラン同士の対戦となった。しかし、普通にキックパンツで現れた高橋に対し、健太は意表をついてSBの試合コスチュームであるロングスパッツ(タイツ)を着用しての登場。

 健太は長らくNJKFのエース格として活躍し、これまでに国内外のトップファイターたちと激闘を繰り広げてきた70戦を越える大ベテラン。筋肉隆々の肉体から放つ右ストレート、ハイキックを得意とするが、テクニックを駆使して戦うタイプ。

 対する高橋はテコンドー仕込みの華麗な蹴り&フットワークとムエタイをミックスさせたオリジナルスタイルで、50戦近いキャリアを誇る二冠王。6月のレベルスで約1年4カ月ぶりに復帰し、ヒジ打ちでKO勝ちを収めている。

 1R、健太が前へ出てパンチを細かく当てていく。時折、強い右ストレートも混ぜる。このアグレッシブな攻撃に高橋は蹴りで応戦するが、手数に下がらされる。

 2R、前に出てくる健太に高橋は首投げをトライするが失敗。高橋は首相撲からの崩しで健太をコカすが、立ち上がると健太は再び手数を出して軽いパンチを次々と当てていく。両者組み合ってもつれる場面が増える。

 3R、高橋は首相撲で組み合った状態からなんと一本背負いを繰り出すがこれは失敗。健太はパンチを細かく出して圧力をかけていき、入り込むとパンチを連打。さらにヒジも打つ。

 そのまま健太が押し切るかと思われたが、ラウンド終了間際に高橋が起死回生の一本背負いでシュートポイント(1ポイント)を取ることに成功。本戦の判定はドローとなった。

 延長Rに入ると健太はがらりと戦法を変えて右ミドルを多用する。さらにヒジの打ち合いでは両者の骨と骨がぶつかるゴツゴツという鈍い音がリングサイドに響き渡る。健太は右フックを連発して試合を終え、アグレッシブさで判定勝利。決勝へ進出した。

 試合後、シーザー武志会長は、キックボクサーでありながら投げやロングスパッツの着用などシュートボクシングらしいことをしてくれた両者に「凄く嬉しかった。特に健太選手はプロですね。2人がシュートボクシングをやってくれたことに敬意を表したい」と賛辞を送った。

※全試合結果はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別