TOP > 試合結果個別

【KNOCK OUT】ダウンの応酬で小笠原と高橋は死闘ドロー

2017/12/10(日)UP

高橋(左)が小笠原(右)から2度のダウンを奪う大健闘

キックスロード
「KNOCK OUT 2017 in 両国」
2017年12月10日(日)東京・両国国技館

▼第6試合 55.5kg契約 3分5R
△小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺/ISKA K-1ルール世界バンタム級王者)
ドロー 判定0-1 ※48-48、46-47、47-47
△髙橋 亮(真門ジム/NKBバンタム級王者)

 小笠原は現在7連勝、KNOCK OUTには旗揚げ戦から参戦して5試合全てKO勝ち。9月のレベルスではISKA世界王座を獲得した。今、打倒・那須川天心に最も近い存在と目されている。

 対する高橋は老舗キックボクシング団体NKBのバンタム級王者で、兄・一眞、弟・聖人とともに“高橋3兄弟”として注目を浴びる。2012年12月にデビューし、戦績は12勝(6KO)4敗。7月にはHOOST CUP日本バンタム級王者・KING強介から勝利を奪っている。

 1R、サウスポー同士。小笠原はタイミングよく左ローを蹴っていく。右ミドルからの左右ボディブローもヒット。高橋はワンツーを繰り出すが小笠原は打ち合いに応じず左ローを蹴る。初回はイーブン。

 2R、蹴り足をキャッチした小笠原が手を放した瞬間、高橋が離れ際に左ヒジ打ち。意表を突かれた小笠原はダウンを喫する。立ち上がった小笠原は左ロー、高橋がガクッとなる場面も。小笠原は鋭い左ハイを放ったがこれは不発。ジャッジ2名が10-8、1名が10-9をつけた。

 3R、首相撲になると高橋をねじ伏せる小笠原だが、左ストレートを打った直後に左ヒジ打ちを返されてまたもダウンを奪われる。左ローを蹴り続ける小笠原に高橋はパンチとヒジを打ち続ける。小笠原は左右ボディブローを叩き付け、左ローへつなぐ。ジャッジ2名が10-8、ジャッジ1名が10-9。

 4R、小笠原が左ロー、左ストレート、左ヒジと波状攻撃。高橋は組み付いて耐える。壮絶なヒジの打ち合い。小笠原はローとパンチでダウンを奪い返そうとするが、高橋も必死に耐える。

 5R、しがみつく高橋を突き飛ばし、小笠原が左ローでついにダウンを奪い返す。立ち上がった高橋はローでフラフラになりながらもパンチを打ち返す。さらにローと左ストレート、ハイキックで攻め込むが高橋は最後まで耐え抜いた。

 判定は小笠原が追い上げてドロー。高橋の健闘が光った一戦となった。

※全試合結果はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別