TOP > 試合結果個別

【ボクシング】亀田大毅、元暴走族総長を1回TKO、「(パンチが)見えなかった」=元総長

2018/01/01(月)UP

第4戦の元暴走族の総長・和田(右)もボディブローで葬った

新春ボクシング祭り
「亀田大毅に勝ったらお年玉1000万円」
2018年1月1日(月)東京・ディファ有明

▼第4戦 ボクシングルール 3分3R
〇亀田大毅(元WBA世界フライ級王者、元IBF世界スーパーフライ級王者)
TKO 1R ※左右連打→レフェリーストップ
●和田高志(相州連合の元総長)

 視聴者投票で最も人気の高かった和田が最後の挑戦者として登場。全身にタトゥーを入れ、自分を「神」だと名乗る。相州連合の元総長で、毎日喧嘩に明け暮れ“神のパンチ”を持つという。現在は暴走族を引退して200年以上続く農家の四代目として働いているが、地下格闘技で試合をするほか、ビッグバンやトリビュレートといったプロ大会でキックボクシングの試合を経験している。

 和田は174cm、70kgの身体を特攻服に包んでの入場。亀田は父・史郎氏の肩に手を乗せての亀田トレインでの入場。コスチュームは現役時代の弁慶の衣装だ。

 1R、和田は右へ大きく回り込みながらジャブを出す。和田の右ストレートをバックステップでかわす亀田。和田のパンチに亀田は左右フックと左右ボディブローを返していく。亀田のボディの連打に防戦一方となった和田にスタンディングダウンが宣告された。

 続いて、亀田が右フックの連打と左右ボディブロー、そして左右の連打と一方的に攻めたところでレフェリーが試合をストップ。亀田が最後の挑戦者も撃退した。
 試合後、和田は「やっぱりチャンピオン、(攻撃が)見えなかった。初めて人に負けた」を大毅の強さを認めた。

 そして亀田はマイクを持つと「4戦ちょっとナメていましたが、1人かわいそうなごぼう先生がいるので、俺、肩と腰が悪いから1Rでいいかな? 俺は初めからやるつもりでしたが、1Rでよければ」と、視聴者投票で落選した梁瀬寛の挑戦も受けるとアピールした。

※全試合結果はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別