TOP > 試合結果個別

【KNOCK OUT】残り10秒で不可思がダウン奪い、圧勝で決勝進出(動画あり)

2018/06/08(金)UP

鈴木(左)に大きなダメージを与えた不可思(右)の右ミドルキック

キックスロード
「KNOCK OUT SURVIVAL DAYS」
2018年6月8日(金)東京・後楽園ホール

▼第6試合 KING OF KNOCK OUT初代スーパーライト級王座決定トーナメント準決勝 64.0kg契約 3分5R
〇不可思(クロスポイント吉祥寺 REBELS/RISEライト級王者)
判定3-0 ※50-46、49-46、50-44
●鈴木博昭(ストライキングジムAres/SB世界スーパーライト級王者)
※不可思が決勝戦へ進出。

 1R、ローの蹴り合いからスタート。不可思は右ミドルも蹴っていく。積極的に蹴っていくのは不可思。残り30秒を切ると不可思がパンチのコンビネーションを放ち、ヒジも繰り出すがこれは空振り。

 2R、不可思の右ミドルに必ずローを返す鈴木。不可思はローとボディブロー狙い。鈴木の左ロングフックがヒットし、鈴木が手数を増やすと不可思も手数を出す。鈴木は蹴り返しのローを続け、左フックもヒットさせた。パンチの手数で不可思、有効打で鈴木か。

 3R、不可思は右ミドルを連続して蹴るが、鈴木の左ストレートをもらう。鈴木の蹴り返しのローにバランスを崩す不可思だが、強烈な右ミドルと右ローをヒットさせる。不可思が右ボディブローから右ヒザ蹴りを突き刺すと鈴木の動きが止まった。

 4R、ロープを背負う鈴木に不可思は右ロー、右ミドル、ボディブロー。鈴木は前蹴りと左ストレートで応戦するが、不可思の攻撃でロープに詰まる。鈴木はハイキックを狙うがガードされ、不可思のボディブローが何度も決まっていく。残り30秒で不可思がパンチで前へ出て右ロー、右ミドル、右ストレートと攻勢に出る。

 5Rは鈴木が前へ出てくるが、不可思は右ミドルと右ボディストレートで迎え撃つ。鈴木も左フック、左ヒジで一気に攻めていくが、不可思はクリンチで逃れる。離れる再び不可思が蹴りとパンチの手数で優勢に。ボディを徹底的に攻める不可思に鈴木は前に出て左ストレート、組み付いて来る不可思にヒジを見舞うが、残り10秒を切ったところで不可思の右ミドルからの右ストレートで鈴木がダウン。

最終R残り10秒でダウンを奪った、不可思のワンツーの右ストレート

 鈴木が立ち上がったところで試合終了となり、ロープに飛び乗って勝ち誇る不可思。大差の判定勝ちで不可思が決勝進出を果たした。

 マイクを向けられた不可思は、「今日の試合で強いのは見せられたと思うので、決勝でベルトはもちろん俺が巻くので8月の大田区見に来てください。(秀樹は)強いですけれど、次までにもっと俺が強くなっているので問題ないです」と優勝宣言。

 第5試合ですでに決勝進出を決めている秀樹もリングインし、「僕の念願のRISE対決になって嬉しく思います。不可思選手はRISE王者なので、僕よりも上にいるのでしっかり練習して臨みたいと思います」と意気込みを語った。

 両者は握手を交わしたが、そこに笑顔はなく鋭い視線も交わした。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・不可思と鈴木博昭がバチバチのにらみ合い

・不可思は納得いかず、マサ佐藤は下馬評覆したことに満足

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別