TOP > 試合結果個別

【DEEP JEWELS】青野ひかるが圧倒的なレスリングの力を見せ付けJKファイター下す

2018/06/09(土)UP

DEEP事務局
「DEEP JEWELS 20」
2018年6月9日(土)東京・新宿FACE

パウンドを打つ青野(上)

▼第4試合 DEEP JEWELSアトム級(47.6kg)5分2R 
〇青野ひかる(24=ストライプル新百合ヶ丘) 
判定3-0 ※三者とも30-28
●古瀬美月(17=Y&K MMA ACADEMY) 

 JK(女子高生)ファイターの古瀬は中学時代から柔道を学んでおり、横須賀大会で3度優勝の実績を持つ。DEEP JEWELSでのデビュー戦となった昨年5月大会ではまど花を1R1分59秒、左ハイキック一発でKOする衝撃デビューを果たした。今年3月大会ではアイドルグループ『仮面女子』のメンバー川村虹花(22=かわむら・ななか)と対戦し、好試合の末に判定勝ち。連敗から脱出した。 

 一方、青野は日本大学レスリング部出身で、全日本社会人選手権48kg級優勝、全日本学生選手権48kg級優勝など女子レスリングで数々の実績を持つ。2011年の全日本女子オープンでは準決勝であの山本美憂と戦ったこともある。MMA(総合格闘技)歴半年で迎えた昨年12月のプロデビュー戦では逆転負けを喫したが、3月大会でのプロ2戦目では大差の判定勝ちを飾り、プロ初勝利をあげている。 

 1R、青野のタックルにハイキックを合わせようとした古瀬だが、青野が組み付いてそのままテイクダウン。ポジションを整えていく。青野がパウンドを打とうと立ち上がると古瀬は下から蹴り上げる。青野も負けじとパウンドを打つ。 

 2R、青野のタックルを防ごうと蹴りを合わせようとする古瀬だが、レスリングの実力が段違い。ブレイクとなってもすぐにテイクダウンを奪われて抑え込まれる。ラスト10秒で古瀬が下からの腕十字、足関節技で逆転を狙ったが、これは極まらず。 

 終始テイクダウンを奪い、寝技で抑え込み続けた青野が判定勝利を収めた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・山本美憂に挑戦表明の青野ひかる「可愛い選手を倒す」

・17歳JKファイターが辛口「つまらない試合にしたくないんですけど」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別