TOP > 試合結果個別

【シュートボクシング】笠原友希がトーナメント1回戦突破、9勝無敗に

2018/06/10(日)UP

左ヒザ蹴りをボディに突き刺す笠原(左)


シュートボクシング協会

「SHOOT BOXING 2018 act.3」
2018年6月10日(日)東京・後楽園ホール

▼第1試合 SB日本スーパーバンタム級王座決定トーナメント一回戦 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
笠原友希(シーザージム/SB日本スーパーバンタム級5位)
判定3-0 ※30-28、30-27、30-27
●内藤凌太(ストライキングジムAres/SB日本スーパーバンタム級4位)

 内藤大樹の王座返上に伴い8人による王座決定トーナメントが5月20日の名古屋大会から開幕した。今大会で1回戦を争うのは、その内藤大樹の兄である内藤凌太と、8戦8勝無敗の17歳・笠原。

 1R、内藤はローを蹴っていくが、サウスポーの笠原が左ストレート、左ミドルをヒットさせ、時折飛びヒザ蹴りも繰り出すなど攻めが目立つ。

 2Rは内藤から前に出て左フックと右ローを放っていく。しかし、笠原の左ヒザがボディに突き刺さると後退。内藤をコーナーに詰めてパンチを連打する。内藤が前に出てくるとワンツーで迎え撃つ。

 3R、笠原は左ストレートと左ヒザでボディを攻めていく。内藤もパンチで前へ出て手数を出すが、そこへ笠原は飛びヒザ蹴りと左ストレートを合わせる。

 笠原が左ストレートと左ミドル、飛びヒザ蹴りを巧みに当てていく試合展開で判定勝ち。1回戦を突破した。

※全試合結果はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

新着情報





TOP > 試合結果個別