TOP > 吉鷹弘の打撃研究室 一覧

【吉鷹弘の打撃研究室】連載第45回「イ・ソンヒョンはまさに打撃モンスター」の巻

 打撃のスペシャリストである筆者が、最近の試合を題材に打撃技術を分析していく連載コラム。今回は1月6日に行われた『RISE 91/M-1MC ~INFINITY.II~』で、裕樹にTKO勝ちしてRISEライト級王者となった“コリアン・モンスター”イ・ソンヒョンの強さを分析する。21歳にして44勝(16KO)5敗1分の戦績を持ち、日本国内で5連勝。筆者も驚かされたソンヒョンの脅威とは!?

▼第15試合 RISEライト級(-63.0kg)タイトルマッチ 3分5R無制限延長R
イ・ソンヒョン(韓国/仁川ムビジム/挑戦者)
TKO 4R1分58秒 ※レフェリーストップ
●裕樹(ANCHOR GYM/王者)
※試合レポートはこちら

■最もナックルにウェイトが乗る打ち方が出来る

 RISEで猛威を振るうRISEライト級王者のイ・ソンヒョン

 タイトルを奪取した裕樹戦で見せた、ローキックの得意な相手から逆にローでダウンを奪ったシーンは圧巻だった。イ・ソンヒョンの強さの秘密は何なのだろうか。体の強さ? それともあの長いリーチ? もしくはパンチ力? それともスピードなのか? 過去の試合を振り返り、じっくりと分析してみた。

 強さの根源は、ズバリ、あの長いリーチの腕をうまく折り畳んでパンチを打つことで、最もナックルにウェイト(力)が乗る打ち方が出来ることであろう。

 イ・ソンヒョンは長いリーチを活かしてアウトボクシングをするのではなく、両腕を顔の前でガッチリと固めた覗き見ガードを用いて、自ら前へ前へと出て間合いを詰めてくる。“打ち合っても負けない”という精神的な裏付けがあるためか、間合いを強引に素早く詰めてくるのだ。

▲相手が間合いを取ろうとするとロングレンジの右ストレート

 そして間合いを詰めるや、相手が手を出すワンテンポ前にショートの左右フック、アッパーをうまく腕を畳みながら繰り出してくる。相手がガードを固めてブロッキングしてようとお構いなしに、その上から叩き込む。そこから相手のガードの隙を見つけて、強烈な左レバーブローを放つ。もしくは相手のガードがワイドオープンになっているのなら、右アッパーに変えてくるのである。
・・・

===================================
※この記事は会員専用です。会員登録すると続きが読めます。
会員登録会員の方はコチラ
===================================

吉鷹弘の「打撃」研究室 第45回 内容
■最もナックルにウェイトが乗る打ち方が出来る
※以下会員の方のみご覧になれます。
■パンチとローキックにプラスして、数少ない技の使い手

TOP > 吉鷹弘の打撃研究室 一覧

イベント日程
2013年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
≫もっと見る
出場・参加者募集