TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】ロマチェンコが3団体統一王座戦、五輪金メダル対決を占う=9月1日早朝(日本時間)

2019/08/31(土)UP

ロマチェンコ(左)とキャンベル(右)

 世界最速の3階級制覇王者で現WBAスーパー、現WBO世界ライト級統一王者のワシル・ロマチェンコ(31=ウクライナ)が8月31日(日本時間9月1日)、イギリスにてWBCのライト級王座決定戦に挑む。3団体統一王座戦だ。
ロマチェンコが勝てば3団体の王座を統一することになるが、もちろん負ければすべてを失う。

 相手はルーク・キャンベル(31=イギリス)。12年ロンドン五輪のバンタム級金メダリストだ。ロマチェンコも08年北京大会と12年ロンドン大会の五輪連覇者であり、今回の試合は“金メダリスト対決”ということになる。
 しかし現在の両者の立場の隔たりは大きく、オッズはロマチェンコ有利で14対1と大差がついている。その予想どおりロマチェンコが験のいいロンドンで圧勝するのか、それともキャンベルが驚愕の番狂わせを起こすのか。

18年5月、ロマチェンコ(右)がリナレス(左)に多くのパンチをヒットさせTKO勝利した(getty/eFight)

 ロマチェンコは五輪と世界選手権を連覇するなどアマチュアで397戦396勝1敗という信じがたい戦績を残して2013年10月にプロに転向。3戦目に史上最速タイで戴冠を果たした。直近の10戦(全勝)は9KOと倒しまくっている。昨年12月のホセ・ペドラサ(30=プエルトリコ)戦ではKOを逃したが、終盤に2度のダウンを奪っている。身長170セ

ンチ、リーチ166センチとライト級にしては小柄だが、ホルヘ・リナレス(34=帝拳)戦、ペドラサ戦、そして今年4月のアンソニー・クロラ(32=イギリス)戦を経てライト級の61.2kgにも馴染んできた印象だ。

 一方、キャンベルはロマチェンコと同じ31歳で、小柄なロマチェンコとは対照的にキャンベルは身長175センチ、リーチ180センチと大柄な部類に入る。フェザー級でプロのスタートをきり徐々に体重を上げてきたロマチェンコに対し、キャンベルは13年7月のデビュー戦から一貫してライト級で戦ってきた。地の利に加え、この点で挑戦者にわずかなアドバンテージを認めることはできそうだ。

18年12月、怒涛の連打でダウンを奪い2団体制覇を果たしたロマチェンコ(getty)

 同じサウスポーのボクサーファイター型だが、戦闘スタイルは大きく異なる。小柄なロマチェンコは瞬時に立ち位置を変えて素早く相手の懐に飛び込み、左ストレート、右フック、左ボディブローなど多彩な攻撃を仕掛け、テクニックで翻弄したうえ正確なパンチで倒してしまう。おまけにディフェンスも堅い。

 キャンベルはガードを高めにした構えから右ジャブで煽り、左ストレート、右フックに繋げる攻撃パターンを得意としている。ロマチェンコ(71%)を上回る73%のKO率を残している。対戦相手の質はともかく、パンチ力はある。

 WOWOWが発行したレポートによると、両者の予想はロマチェンコが前後左右に揺さぶりをかけながら圧力をかけ、キャンベルが足を使いながら迎え撃つ展開。懐に潜り込まれると厳しいキャンベルはロングレンジに相手を留めておきたいが、それが容易な作業ではない。番狂わせを起こすためには左ストレートのカウンターを合わせることが一番だが難しく、ロマチェンコが飛び込みながらボディブローを見舞って攻め落としてしまう可能性が極めて高いという。よほどキャンベルが奮起しないと折り返しとなる7ラウンド開始のゴングを聞くことは難しいかもしれないと予想している。
 果たしてキャンベルがロマチェンコにどう戦うか注目が集まる。

■イーファイト選手DATA (ライト級=61.235kg)
・ワシル・ロマチェンコ(Vasiliy Lomachenko)
1988年02月17日生まれ(31=ウクライナ) 身長170cm、リーチ166cm
戦績:14戦 13勝(10KO)1敗:KO率 71% 
スタンス:左
タイトル:北京五輪フェザー級金メダル、ロンドン五輪ライト級金メダル
元WBO世界フェザー級、スーパーフェザー級王者。現WBAスーパー・WBO世界ライト級統一王者=世界最速3階級制覇王者

・ルーク・キャンベル(Luke Campbell)
1987年9月27日生まれ(31=イギリス)身長175cm、リーチ180cm
戦績:22戦 20勝(16KO)2敗:KO率 73%  
スタンス:左 
タイトル:2012年 ロンドン五輪金メダル、WBCシルバー王者、17年にWBA世界ライト級王座に挑戦、王者ホルヘ・リナレス選手と戦い、前半ダウンを奪われ後半追い上げるも判定負け。

テレビ放送:WOWOW  9/1(日)午前5時頃~WOWOWメンバーズオンデマンドで先行ライブ配信
同日の午後3時~WOWOWライブで放送(録画)。
・ロマチェンコvsキャンベルはWOWOWで放送、オンライン簡単申し込みはこちら

●編集部オススメ

・ロマチェンコがリナレスにTKO勝利、史上最速3階級制覇

・怪物・井上尚弥が天才・ロマチェンコを語る「条件が合えば戦いたい」

・ロマチェンコが怒涛の連打でダウン奪い2団体制覇、4団体目指し「ガルシアとやりたい」

・ロマチェンコがV4、リゴンドーにTKO勝利し、五輪金対決制す

・圧倒的破壊力ボディを持つグラドル&ヒューマンビートボクサー再登場

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧