TOP > ニュース 一覧

【格闘DREAMERS】平本蓮が弟を連れ“メンバー入れ替え戦”要求、指揮する髙谷は檄飛ばす!

2021/04/12(月)UP

平本(左)は弟(右)を連れてきた。果たしてオーディション参加者たちの反応は!?(C)AbemaTV,Inc.

 インターネットテレビ局「ABEMA」にて放送の、格闘オーディション番組『格闘DREAMERS』第6話(4.17放送)に、K-1で活躍し、現在RIZINに参戦する平本蓮(22=THE PAN DEMONIUM)が出演する。

 同番組はLDHのチーフ・クリエイティブ・オフィサーとして、数多くのプロジェクトを手掛けてきた『EXILE』 HIROが発起人に、元DREAMフェザー級世界王者の髙谷裕之、UFCでタイトル挑戦の実績を持つ岡見勇信らが育成していく”格闘家育成プロジェクト”の一端である新番組だ。

新生K-1初の王者・ゲーオにキックを放つ平本(2018年3月)

 “世界に通用するトップファイター”を目指すため番組でオーディションを重ね、脱落者が涙し、選び抜かれた者たち12名が残っている状況。
 そこに髙谷に呼ばれたという平本が実弟を連れ、突然メンバーの前に現れた。

 そして「自分が17歳の時より確実に強い」と、弟とメンバーの“入れ替え戦”を要求。その実力やいかに。

 予告動画ではオーディションを指揮する髙谷が「俺的にはもう来るんじゃねえよ。舐めてんのかな。みんな本気でやってんのに」とお怒り気味。果たしてこれは誰に対して言っているのか。
 そして平本の弟と、オーディション参加メンバーのガチ・スパーリングによる入れ替え戦の結果はどうなるか。

 また、今後も格闘技界の最前線で活躍する格闘家のゲスト参加が予定されている。

平本蓮(C)AbemaTV,Inc.

 ♢平本蓮:98年6月28日  足立区出身、小学生の頃よりキックボクシングを始め、15歳以下の「全国U-15ジュニアボクシング大会」でも優勝。15年にプロデビューすると17年にはK-1ライト級世界トーナメントに出場し、準決勝でゴンナパー・ウィラサクレックを破る大金星を挙げ、準優勝に輝く。
 18年には、これまで日本人相手に実力を示してきたゲーオ・ウィラサクレックに日本人として初のKO勝利。その後リングから離れていたが、19年大晦日にキックルールでRIZINに参戦し復帰、昨年末のRIZINで初のMMAルールに挑戦し萩原京平にTKO負けを喫するも更なる飛躍に練習を重ねる。

<番組概要>
■ABEMA『格闘DREAMERS』
第6話 配信日:2021年4月17日(土)21時~21時30分
≫第6話視聴URL
≫番組URL

▶︎次ページは平本が弟を連れて登場、高谷が怒り、そして弟がガチスパーに挑む予告動画

●編集部オススメ

・那須川天心が直伝「シャドーはアップじゃなくて試合」と指摘、スパー指導で「はい死んだ」連発も技を伝授=格闘DREAMERS

・【ABEMA】「格闘技にパッとするのいない」が参加理由、強烈個性ぶつかる、UFC目指す16歳ら一次審査通過=『格闘DREAMERS』

・【RIZIN】朝倉未来、平本蓮を評価「凄いポテンシャル、いつでもやっていい」=平本陣営・長谷川賢と対談

・【RIZIN】平本蓮、2週間遅れの試合後インタビュー「やっちまった、これも成長っす!」厳しい自己採点とアメリカ行きの決意

・【K-1】平本蓮が日本人初、ゲーオをKOする大金星(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧