TOP > ニュース 一覧

【KNOCK OUT】小笠原瑛作vs壱・センチャイジムの再戦が決定=11.28

2021/10/11(月)UP

KNOCK OUT-REDスーパーバンタム級王者・小笠原瑛作(左)と挑戦者に壱・センチャイジム(右)

 2021年11月28日(日)東京・後楽園ホールで開催される『KNOCK OUT 2021 vol.6』の記者会見が10月11日(月)都内にて行われた。

 KNOCK OUT-REDスーパーバンタム級王者・小笠原瑛作(26=クロスポイント吉祥寺)が挑戦者に壱・センチャイジム(24=センチャイムエタイジム)を迎えての初防衛戦が決定した。

 両者は昨年9月13日、KNOCK OUT-RED 55.5kg級王座決定トーナメント1回戦で対戦。1Rに小笠原がこかしを見舞うと、壱は後頭部を強打。そのダメージを回復できない壱を、小笠原が右フックで追撃しKO勝ちした。その後、“打倒・瑛ちゃん”を掲げた壱はKNOCK OUTのリングで3連勝し、今回リベンジ&タイトル挑戦権を獲得したこととなる。

小笠原の一撃を浴び崩れ落ちる壱

 初防衛戦を迎える小笠原は「“壱ちゃんまだ早いよ~”というのが僕の正直な感想です。2回目の戦いになるので、チャンピオンとして内容にこだわった上で返り討ちにします」と撃退に自信を見せる。

 壱の最近の試合の印象を聞かれると「その後の試合はまだ見ていませんが、 どんな場面でも勝てる自信があるので、どう来ても倒します」と特に警戒はしていない様子。

 小笠原は先月、自身が主演する映画「阿彦哲也物語」の撮影でカザフスタンに1カ月間行っており、十分な練習ができていないかと思われたが、「撮影自体は17~18日くらいで、1日17~18時間拘束されて、朝から深夜まで撮影していました。ミットやサンドバッグがなくてもできることはあったので、そこは問題なくしっかり仕上げていけると思います」と問題はない様子。

 撮影を経験したことで「大きな夢ができました。カザフスタンの人はみんな、格闘技が好きで『KNOCK OUT』のことをYouTubeで見ていて、凄く知っている人が多かったんです。日本のコンテンツは世界的にも需要があり、この『KNOCK OUT』が国内を飛び出して、海外で大会を開催したい。旧K-1のように僕は世界まで『KNOCK OUT』をどんどん広げていきたいと思います。11月28日は僕の想いを背負った戦いぶりを見て下さい」とした。なお、この映画は来年3月に小笠原の地元・吉祥寺から公開される予定とのこと。

 一方、念願のリマッチが決定した壱は「瑛ちゃんへのラブコールを宮田さんが早々に受け入れてくれてありがとうございます。前回の試合は記憶がぶっ飛ぶぐらいやられたのですが、僕は全然凝りていません。あの日は確実に瑛ちゃんの日でしたが、11月28日は壱ちゃんの日にします!」とリベンジを誓う。

「今、KNOCK OUT-REDのスーパーバンタム級で瑛ちゃん相手に何かを起こせるのは僕しかいません。宮田さんもその期待を込めてオファーをくれたんだと思います。最初は瑛ちゃんは僕にとって憧れの存在だったのですが、その瑛ちゃんと戦えたのでもう遠い存在ではなく、超えないといけない存在。それを超える時期が来ました。瑛ちゃんのファンは多いと思うので、僕の盛大なやらかしを期待してください」と熱くメッセージした。

●編集部オススメ

・小笠原瑛作が壱を1RKOした前戦

・小笠原瑛作、壱の“瑛ちゃん”呼ばわりに「仕留めます!」=前日計量

・”超新星”龍聖、初回KO勝利でデビュー以来8戦全勝「格闘技界を引っ張る」

・ぱんちゃん璃奈が計量動画を公開”当日に2.8kgの水抜き、筋肉女子、これまで最高の作品”

・ぱんちゃん璃奈の戦闘能力は53万!いったいこの顔は!? これが美しさの秘訣か

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧