TOP > 試合結果 一覧

【K-1MAX】魔裟斗が佐藤、キシェンコとの死闘を制し、5年ぶりの世界王者返り咲き

2008/10/01(水)UP

▼第3試合 K-1 WORLDMAX 2008 World Championship Tournament準決勝戦 3分3R延長1R
○魔裟斗(日本/シルバーウルフ/2003世界王者)
延長判定3-0 ※10-9、10-9、10-9
●佐藤嘉洋(日本/フルキャスト/名古屋JKファクトリー/2006・2007日本王者)
※本戦判定は28-29(佐藤)、28-28、28-28

 遂に実現したK-1MAX日本人頂上決戦! 今回のトーナメントに進退をかけると宣言している魔裟斗とMAXの主役の座を虎視眈々と狙う佐藤。試合前から互いに舌戦を繰り広げており、試合の緊張感は最高潮だ。

 先に入場となった佐藤は落ち着いた表情で花道に登場、花道を歩き終わると、胸に拳を当て祈りを奉げ、リングへと上がる。続いて真っ赤なガウンに身を包んだ魔裟斗が登場。拳を大きく突き上げてから、リングへと続く花道を歩いた。

 1R、インローを蹴る佐藤。魔裟斗が右ストレートから左フックで飛び込む。その魔裟斗に左のテンカオを狙う佐藤だが、魔裟斗はそこに左フックを合わせる。

 距離が開くとインローを蹴る魔裟斗。佐藤はジャブとローのコンビネーションで攻め、ジャブで魔裟斗を近づけさせない。左フックで飛び込み、右フックを返す魔裟斗。

 ジャブ、インロー、左テンカオと左の攻撃で攻める佐藤。魔裟斗は佐藤の左のテンカオに左フックを合わせる。

 佐藤はジャブで距離を取り、左の前蹴り、左のテンカオで攻める。右ストレートで飛び込む魔裟斗は右ストレートから左フック、佐藤をコーナーに詰めるが、佐藤も右のテンカオを魔裟斗のボディに突き刺す。
 
 しかし一歩も下がらない魔裟斗。右ストレートですぐに距離を詰める。佐藤はガードを固めてジャブとインロー、魔裟斗は右ストレートから左ボディ。佐藤はジャブと前蹴りで距離を取って、魔裟斗にテンカオを突き刺す。

 魔裟斗はワンツー、佐藤は前蹴りとインロー。魔裟斗の右ストレートをブロックしてワンツーを返す佐藤。

 佐藤が右のヒザ蹴りを突き上げれば、魔裟斗は右フックを返す。今大会からスタートしたインターバルで発表されるジャッジのポイントは3者とも10-10のイーブン。

 2R、佐藤は前に出て魔裟斗の奥足を狙ってロー。魔裟斗はそこにワンツーで飛び込む。ガードを固めて下がる佐藤。魔裟斗は左ミドルを蹴る。前蹴りとインローを返す佐藤だが、魔裟斗がワンツーから左ミドル。佐藤も左ミドルを蹴り返し、左足を上げながら前に出て、右ローと左のヒザ蹴りを打つ。

 しかしそこに魔裟斗が左フック! さらに右ストレート、ワンツーで前に出ると、佐藤は思わず組み付く。

 それを突き放してワンツーを突く佐藤だったが、魔裟斗は左フック! さらにジャブで佐藤の顔を跳ね上げさせる。下がりながら右ローを返す佐藤だったが、魔裟斗は左フック、ワンツーでどんどん前に出る。

 必死に奥足のローを蹴る佐藤だが、魔裟斗は右ストレート、佐藤の前蹴りをさばいて左フック! 魔裟斗は再びジャブで佐藤を下がらせて、右アッパー。しかし佐藤も右ストレートを打ち返す。魔裟斗は左アッパー、左ボディ、佐藤の右ローに右ストレートで前に出る。

 魔裟斗の攻撃を受ける佐藤だが、下がることなく右ロー、右アッパー。魔裟斗は左ボディ、ジャブ、右アッパー。佐藤も左のヒザ蹴りを返す。このラウンドのジャッジは3者とも10-9で魔裟斗。2R終了時点で20-19×3で魔裟斗が1ポイントをリードしたことになる。

 3R、右ローを蹴る佐藤に対して、魔裟斗が右ストレートから左フック。ポイントで負けている佐藤は右ロー、右アッパー、ワンツー、右ローと手数を増やしていく。そこに魔裟斗は右ストレート!

 しかし佐藤も足を止めてパンチで打ち合う! 互いにパンチが顔面をとらえるようなスリリングな展開の中、佐藤の左フック、右ストレートが魔裟斗の顔面を打ち抜く! これで魔裟斗がダウン!

 ポイントでリードされている佐藤がダウンを奪うという展開になった! 再開後、佐藤は左フックから右ストレート。魔裟斗も右ストレートを返して、ジャブから左フック。佐藤もすぐにヒザ蹴りを返す。左フックで前に出る魔裟斗。佐藤は組み付いて、追撃を阻止する。

 ブレイク後、佐藤は右ミドル、左前蹴り、ワンツー。魔裟斗は右ストレートから前に出ると、佐藤に肩をつけるようにして、左ボディ、右ストレート、ワンツー、右アッパー! 怒涛の連打で佐藤に襲い掛かる。

 佐藤はガードを固めて、魔裟斗に組み付く。何とかポイントを挽回しようと左ボディ、左フック、右ストレートで前に出る魔裟斗。

 佐藤はやや組む展開が多かったものの、魔裟斗の右ストレートに左フックを返し、魔裟斗の右ストレートにも右ストレートを打ち返す。そしてこのまま試合終了となった。

 そして運命の判定は29-28、28-28、28-28でドロー! 佐藤がダウンを奪ったものの、魔裟斗がポイントを奪い返し、3Rのジャッジのポイントは10-8、9-8、9-8という形になったのだ。

 延長R、ワンツー、左の前蹴り、右ストレートで前に出る佐藤。魔裟斗は右ストレートから左フック、さらに左ボディを突き刺す。佐藤はジャブを突いて距離を取るが、魔裟斗は左フック、さらに佐藤をロープに詰めて右フック、距離が開けばインローを蹴る。佐藤は魔裟斗を左前蹴りで突き放そうとするが、魔裟斗は左フックで飛び込んでワンツー、そして佐藤のボディにヒザ蹴り。

 佐藤も右のテンカオ、ワンツーを返す。しかしワンツーで前に出て行く魔裟斗。下がる佐藤に右ストレートを打ち込む。佐藤もワンツーや前蹴りを返すが、圧倒的に手数が少ない。

 逆に魔裟斗はワンツー、右アッパー、ワンツーと手数を増やす。佐藤も左のヒザ蹴り、ワンツー、左フックを返すが、魔裟斗はワンツー、右アッパー。佐藤も必死にパンチを返すが、魔裟斗の手数に圧倒される。延長Rも決着が着かず、判定へ。判定は3者とも10-9で魔裟斗。魔裟斗が佐藤を振り切って、準決勝への切符を手にした!


▼第2試合 K-1 WORLDMAX 2008 World Championship Tournamentリザーブファイト 3分3R延長1R
○アルバート・クラウス(オランダ/チーム・スーパープロ/2002世界王者)
TKO 2R0分48秒 ※ドクターストップ
●城戸康裕(谷山/2008日本王者)

 今回はリザーブマッチが2試合組まれているが、第2リザーブファイトのブアカーオVSブラックマンバよりも、第1リザーブファイトの城戸VSクラウスの勝者に優先リザーブ権が与えられる。

 クラウスは「誰か負傷して、リザーブが出れる状況になってくれれば嬉しいな」と言い、城戸にいたっては「佐藤さんのローがムチャクチャ当たって魔裟斗さんが嫌がるが、3Rに魔裟斗さんのパンチが入ってKO勝ちする、と。

 でもローが痛くて決勝には出られない。そこで僕が出て、キシェンコのローがバンバン入るけどパンチで勝ったサワーに僕がKOで勝って優勝する」とまで青写真を描いていた。

 1R、城戸はロープ際に下がりながら円を描き、パンチで入って来ようとするクラウスに思い切りヒザを突き上げる。

 クラウスの入り際にヒザやハイキックを入れる作戦か。クラウスはワンツーをブロックさせてのレバーブロー。このラウンドのオープンスコアは三者とも10-10。

 1Rは様子を見ていた感のある城戸だが、2Rになると意外にもパンチで打ち合っていき、ワンツーから左ハイキック。

 ストレートパンチからの左ハイキックを何度も繰り出す。クラウスがパンチで来るとヒザ蹴り、ボディに打ってくると頭を引き付けてのヒザ蹴りを放つ。

 しかし、クラウスが前へ出て圧力を掛けていくと、城戸はコーナーに詰められ、逆にヒザ蹴りを顔面にもらってしまう!

 この一撃で城戸は眉間辺りから流血。ドクターチェックが入り、ストップがかけられた。クラウスが城戸の得意技であるヒザ蹴りで勝つという、意外な結末となった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧