TOP > 試合結果 一覧

【海外ムエタイ】松井蓮汰が約1年ぶりのタイ参戦で1RTKO勝利

2019/11/06(水)UP

左のボディーパンチを効かせる松井

『スックワンギントン』
2019年11月3日(日・現地時間)タイ・ラジャダムナンスタジアム

▼第2試合 135P契約
○レンタ・ウォーワンチャイ(松井蓮汰)
1R TKO
●コンカオディン・ペットシートンジム

松井が右ローを繰り出す

 2019年11月3日(日)、ウォーワンチャイプロモーション所属の松井蓮汰が、ラジャダムナンスタジアム『スックワンギントン』に参戦した。
 今年8月にはエクシンディコンジム・タイ本部で長期合宿にも挑むも、10月6日のMuayThai Super Fight名古屋大会でHIRO YAMATO選手に判定負け。
 今回は昨年8月以来、約1年ぶりのタイ参戦となるが、色々な意味で絶対に負けられない一戦だった。
 対戦相手のコンカオディンはチャイナ―ト県出身、18歳。30戦の戦績がある。

 試合開始早々、松井が右の高い蹴りを繰り出すと、コンカオディンもすぐにローを返す。試合開始早々から激しい蹴り合いに。
 松井は、左のミドルから右のローを返すと、一瞬のすきに距離を詰め左ボディーブローを叩き込む。
 するとコンカオディンは、一瞬動きが鈍り、松井はさらに右ローと左ボディーフックのコンビネーションをまとめる。
 松井のローキックも素早かったが、強烈な左のボディーパンチが再びコンカオディンの脇腹に食い込むと、そこでコンカオディンは棒立ち状態に。
 さらに松井はパンチをまとめるとレフェリーは続行不能とみて試合をストップ。松井蓮汰の初回TKO勝利だ。

 初回のスピーディーな蹴り合いが始まった段階では、試合後半まで、どうペース維持できるか、という心配もあったが、多彩な蹴りの合間にボディーパンチという切っ掛けを見出し見事KO勝利につなげた。

 松井蓮汰から勝利の声が届いている。
「敗戦からの復帰戦で正直とても不安でしたが、皆さんの支えや応援もありKOで勝つ事ができました。まだまだ自分の目標としている平日興行に上がるレベルではないと思うので、早く平日興行に上がれるよう、もっと練習を頑張っていきます。沢山の応援ありがとうございました」

(Photo&Text Hiroshi Soda 早田寛)

●編集部オススメ

・松井蓮汰がラジャ初出場でイギリス人選手に勝利=2017年11月

・【ボクシング】ドネアが華麗なハイキック、井上尚弥と対戦に気持ちはブルース・リー!?

・【ムエタイSF】福田海斗がルンピニー現役王者ルンナライからTKO勝利、現地での王座奪取を誓う

・【ベストファイター9月】日本人8人目のラジャダムナン王者となった竜哉、ルンピニーと統一王座目指す

・[12.22神戸]オープンフィンガーグローブのムエタイ興行「TWO FC」旗揚げ、ラウンドガールに仮面女子が就任

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧