TOP > 試合結果 一覧

【ボクシング】井上尚弥がモロニーにKO勝利、統一王座の防衛に成功(動画あり)

2020/11/01(日)UP

井上がモロニー を右ストレートで沈めKOで防衛に成功した(getty/efight)

 11月1日(現地時間10月31日)に米国ネバダ州ラスベガスのMGMグランドでWBA、IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(27=大橋)が挑戦者ジェイソン・モロニー(29=オーストラリア/WBA2位、IBF4位)に7R2分59秒、KO勝利で統一戦王座防衛に成功した。井上は戦績を20勝 (17KO) 無敗に伸ばした。

【動画】この試合のダウン、KOシーン

 1Rから圧力をかけたモロニー のパンチをバックステップでかわす井上、井上は動きを見ながら力強いジャブを入れていく。
以降、ジャブの相討ちもあるが徐々に強いジャブを打ちながら圧力をかける井上、ワンツー、フックもヒットすると3Rにはモロニーの顔も赤くなっていき、額がやや切れはじめる。
 2R、井上の左ボディブローで動きが止まるモロニー、圧力をかけ続ける井上にモロニーも手数を出すが、井上もボディブロー、左フックとヒットを重ねる。

昨日の計量でバキバキの腹筋を披露した井上尚弥=getty/wowow

 5R、モロニーのフックが入り、連打に対しロープを背負い防御する井上だったが、6Rにはジャブを連打するモロニーにカウンターの左フックで最初のダウンを奪った井上、以降も右ストレートで顎が跳ね上がるモロニー。

 7R、ジャブで前に出続ける井上、終盤にモロニー のワンツーに合わせた右ストレートのカウンターがクリーンヒット、腰から崩れ落ち、立てないモロニーにレフェリーが試合を止めた。

 井上は試合後、「今日フィニッシュパンチ、納得がいく形だった」と語り、WOWOWのでの中継出演では「(モロニー は)すごくガードが高くで崩しにくい選手だったが練習してきたパンチで結果が出せた。試合を通してドネア戦で学んだので、その時よりもパワーアップしている」と語った。

▼次ページは動画、この試合のダウン、KOシーン

●編集部オススメ

・【テレビ】井上尚弥vsモロニ―、生放送&地上波テレビ放送情報=11.1

・井上尚弥がオッズで大差、田口良一、河野公平、内山高志らもKO勝ちを予想

・まさに一撃、井上尚弥が右ストレートで秒殺KO勝利「手応えが拳に伝わってきた」

・【王者たちのデビュー戦】井上尚弥が衝撃KO勝利と最速での世界宣言、そしてモンスターの由来とは

・【新刊】”力石徹のモデル”山崎照朝氏の評伝に、大山倍達との出会いと別れ、芦原英幸と組手エピソードも

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧